訪問者の気持ちを考える


■あなたのブログに訪れる理由って何でしょうか?


検索して訪ねてきた人もいますよね?


そういった人をどうやって、引き留めたらいいんでしょう?


私なりの考えですが、共通していえることは

『すべての人を対象にしてはいけない』

ということだけ。


つまり、来た人すべてを魅了する事なんて考えていたらブログの記事なんて書けませんよ。

私にはそんな才能無いですから。


でもね、こんなヘタクソな文章でも毎回読みに来てくれている人がいます。
(いつも読んでくれて ありがとう)


私の文章は参考にならないかもしれないけど、少なくとも、自然体で誰かを思い浮かべながら書けば共感を持って読んでくれる人が増えると思いますよ。


だって、私は 背伸びして書いている記事なんて読みたくないし、誰に向かって書かれているのかわからないような文章じゃ、もっと読んでみたいって気にならないなぁ。


■なぜ自然体がいいのか

例えば、レビュー記事を読みに来た人は、その商材を使った感想を聞きたいんですよね?
・それって詐欺商材なの?
・難しくないの?
・再現性はあるの?
・一時的にしか効果が得られない物なの?
・デメリットってどんなところ?  等々

これを、「この商材を売ってやろう」とすると、もう自然体ではなくなるよね。

読んでる人は、それを敏感に感じ取っていると思うな。



■あなた自身も、訪問者であるわけだから、自分が読んでいて心地よい物は参考になるよね。


例えば、私は黒烏団Rさんの文章がすごく好きです。


参考にはなるけど、同じようには書けないですよ。でも、それでいいんです。自分流で表現できれば。




『毎日、記事をアップする事なんて出来ない』

『何を書いたらいいか、わからない』

よくそんな声を聞きます。


でも、その話をしてくれた人のことをあまり知らないけれど、書けることが沢山あるよなぁと感じたんですよね。


『私は人に自慢できるような経験してないから』

いえいえ、自慢話聞きたい訳じゃないからいいんじゃないの?


例えば、ニュースを見ていて気になったことや、わからなかった言葉を調べて記事にするとかでもいいと思うよ。結構アクセス集まるだろうしね。

仕事での経験や、趣味のこと、友達から聞いた話等々。それにちょっと調べたことを付け加えれば、立派なあなただけの情報になりますよ。



で、最初に質問した

「あなたのブログに訪れる理由って何でしょうか?」

ですけど、あなたらしさがあって、かつ、情報があること。


例えば、『カレーに、○○○を加えるとグッとおいしくなるよ』って、1行入っているだけでもいいんだよ。

簡単でしょ?


始めっから、上手になんて出来ないよ。自転車だって、転びながら覚えるじゃん。


そうやって、進化していく記事を見るのも楽しいよね。


PS:メルマガやブログ記事については、さささんの「舞台裏ライティング」が参考になります。値上がりしてしまったので、ちょっと薦め難くなりましたね。


PPS:進化を続けるブログと言えば、「爆転」ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ