ザイアンスの法則:単純接触効果を生かす

セミナー


こんにちは
プロアフィリエイターのクエスト大王です。

今回は、インターネットビジネスにおいて
もっとも留意すべきポイントを解説します。


これを頭に叩き込んでおかないと、
ネット戦略を組み立てられないんです。



この『ザイアンスの法則』、『単純接触効果』とは、
接触回数が増えることで、購買者となる人間の
心理状態が変わってくることを表しています。


・・・・って、難しそうに聞こえますが、
なんてことはありません、日常的に、
体験していることですからね。

ここではその具体例を挙げて説明するので、
よ~く理解できると思いますよ(^o^)



【ザイアンスの法則:単純接触効果】

1.人は知らない人には攻撃的、冷淡な対応をする

2.人は会えば会うほど好意をもつようになる

3.人は相手の“心”に触れた時、心が動く

それでは、一つ一つ説明していきますね。


人は知らない人には攻撃的、冷淡な対応をする

「冷淡」=「興味・関心を持たない」と
置き換えて考えることも出来ます。


例えば、 満員の通勤電車の中で、
身動き一つ取れないような状況で、
「心地よい」と感じる人はいないですよね?


「不快」な気分になるはずですが、
それを感じないようにコントロールしてます。

これって、周りにいる人がすべて
自分の知らない人ばかりだからですよね?

自分に接触する範囲の人すべてが友人なら、
苦痛はそれほど感じないはずですよ。


これは↑↑↑極端な例ですけどね。


それではもう一例、地元の商店街で
見知らぬ人に声をかけられた時と、
友人に声をかけられた時の態度の違い。


もう明らかすぎるくらい違うでしょ(笑)


これはネットの世界でも同じ事が起きます。

見知らぬサイト、初めて訪れるサイトは、
警戒したり注意深く観察したり評価したり・・・

怪しいとまでは考えなくても、
そこにあるコンテンツを鵜呑みには出来ません。



だからどうするかって言うと、

【信用を積み重ねるコンテンツの提供】

【適切な自己開示をおこなう】

【自分を表す端的な特徴、印象付け】


この3点が重要になります。


極端な例で言えば、私のアバターである石像。

検索結果から訪れたサイトに、
この石像のアバターがあると
「知っている人のサイトだ」って思います。


この「石像」=「クエスト大王」が、
訪問者に結びつけて覚えて貰えると、
訪問者にとって他人ではなくなります。



人は会えば会うほど好意をもつようになる

繰り返し見せることが大切だってコトね。

例えば、企業が流すCMがこれにあたります。

何度も何度もCMを見て貰うことで、
その企業の製品が身近に感じられるようになる。


例えば、DMMで何かを買うことに
抵抗を感じる人は少ないですよね?

「保険の窓口」だって、以前なら
誰も関心を示さなかったはずです。



そして先程例に挙げた、私のアバター(石像)。

その当時、詐欺関連の情報を探せば、
必ず上位に私のサイトが表示されていました。

なので、何度も何度も石像のアバターを見るんですね。


サイトの問い合わせから連絡してくる人も、
以前から知っている人という気持ちでいます。

オフ会で初対面の人も、名刺に印刷したアバターで
「知ってます知ってます」と態度が一変するんです。


というか、顔写真を公開しないのは
強面の顔で凄くイメージが悪いからで、
初対面の人も緊張しちゃうんですよね(^_^;


でね、営業マンで成績を上げる人って、
とにかく接触回数を多くしてますよね。


実際、営業される側も、
毎日のように訪ねてきては
世間話をしてかえって行く営業マン。

最初は相手するのもメンドクサイですが、
不思議なもので段々、仲良くなってしまいます。



ネットの場合は、こちらから出向かなくても
相手の方から見て貰えるし、メルマガで、
毎日のように接触することも出来ます。


しかも、「1対1」ではなく
同時に複数の人と「1対1」ができます。

これはCMには出来ないことなのです。



相手の“心”に触れた時、心が動く

この部分はネットビジネスでは特に注意すべきコトです。

例えばそうですねぇ

まったく遊びがない機械よりも、
遊び心がある機械って親近感が湧きます。

例えば、アップル製品なんかがそうです。
必ずどこかにダメな部分があるんですよ。


逆にそこが人間的で好まれたりしますよね?


ネット上にあるサイトも、
辞典や辞書のような人間味のないサイトと、
人間くさい記事が書かれたブログ記事とでは
仮に同じ内容が書かれていたとしても、
受ける印象はまるっきり違ったモノになります。


今回の記事の「ザイオンス効果」も、
Wikipediaで読むのと、この記事とでは
同じ印象にはなっていないですよね??


って、Wikipediaは書きかけでした(^_^;


ザイオンス効果を生かして成約に結びつける

『ザイオンス効果』=『ザイアンスの法則』
と、呼び名は若干違いますが同じ意味です。


『接触回数を増やす』ことについて、
もう少し説明を加えていきますね。


ここまでの説明では、
アバター画像を見る回数だったり
メルマガを通した接触の例を挙げました。

サイトやブログへの訪問回数でも
同じようなことが言えるんですが・・・


その前に、「知らない」状態を
クリアしていく必要があります。


それが度々、説明している

【露出を増やす】

【入り口を増やす】


例えば、Facebookやtwitter、掲示板、
Adwords広告、Yahoo!知恵袋、はてなブックマーク

YouTubeやニコ動、オンラインゲームなどなど


知って貰うきっかけって至る所にあります。
ただそれを上手に利用できていないだけですね。


知らない人に向かっていきなり宣伝すれば、
悪い印象しか残らないので逆効果です。


『知り合いになる』のが先決。

Facebookからの誘導が成約率が高いのはその為です。



まず自分を知って貰って、サイトなどを知って貰う。
さらに、接触回数が増えるような手立てをする。


twitterにフォローして貰うとか、
メルマガに登録して貰うとかね。

そうすると、売り込まなくても成約に繋がっていきます。



このような心理を突いたネットのビジネス戦略は、
こちらの教材に非常に詳しく書かれています。




アフィリエイトだけでなく、情報販売する方も
このマニュアルを参考にしている方が多いです。


それではまた♪




コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ