他との差別化について考える


サイトやブログ、メルマガや商品など、
他との違いを作る為にどうしたら良いのでしょう?

これを誤ると、
価格競争やプレゼント競争になってしまいます。


『どこよりも安く』?

『どこよりも豪華なプレゼント』?


確かに、安い方が良い場合が多いです。
プレゼントが豪華だとお得な感じがしますしね。


例えば、価格設定ですが「他よりも高い理由」、
納得出来る理由があれば、何も問題ないし、
むしろその事が付加価値が高まると思いませんか?


また、プレゼントであれば、
オリジナルなプレゼントなら、差別化できますよね?



では、サイトやブログならどうでしょうか。

アフィリエイトのことを書いているブログは、
掃いて捨てるほどあります。

このブログを読み続けて貰う理由ってナンでしょう。


いくつか理由があります。

 ・説明が解り易い
 ・情報が早い
 ・情報が豊富
 ・専門性が高い

ここまでは、誰が書いていても同じで
運営者が誰なのか、さほど気にしません。

なので、ブログ名を知っていても
誰が書いているか知らない事が多いです。




 ・信用出来る、信頼できる
 ・フィーリングが合う
 ・共感出来る
 ・読んでいて楽しい

ポイントとなるのはこの部分ですね。

無料で出来る事で、且つ、一番大切な部分。

“感覚的”な部分です。


こう言うことは理屈じゃないですからね。

自分の考えを伝えることで、
同じ価値観だと感じたりして、
また読んでみようかなと思ったりするんです。


例えば、よく食べに行くお店や、飲みに行くお店。

料理が旨いって理由を除くと、
「あの料理長なら安心して食べられる」
「あの女将ならオマカセできる」

飲み屋にしても、ママやマスターの存在が決め手になるよね?

それともお姉ちゃんのケツを追っかけるかい?
それも立派な理由だよ。

だからお店の方は、女の子を“商品”として扱う。



とまあ、漠然とした話を書いてきたけどさ
以前、購入の流れで書いたことを思いだしたんだ。


テレビを買い換える為に家電量販店に行く話し。

ネットやパンフレットで、
ある程度の機種に絞り込んだとするよね。

で、店舗で細かい仕様の違いを聞いたとする。

それで、その細かい仕様を理解して
納得して購入するヒトって、
数%しかいないってアンケート調査があった。


そう、“フィーリング”の占める割合って大きい。

店舗などのリアルでの場合は、“勢い”って要素も加わる。


と言うことで、違いを作る第一歩は、
自分の考えや趣味など、自分を伝える。

その上で、オリジナルなレポートが用意できれば、
その読者にとっての価値は、高いモノとなります。


細かい違いは、あった方が良いだけで、
それが理由、決め手になることは希だと理解してください。


あとは、アフィリエイトブログなら“実績”を伝えるのも一つ。


私は実績画像っていくらでも“作れる”のを知ってるから
ウザイと思うだけで見ないです(笑)

『雑誌に掲載されました』ってのも、
ほとんどが広告料を払って載せて貰っているモノだからね。

「お願いします、インタビューさせてください」って
出版社にお願いされて、いくらか貰って載せて貰うってのは希。


なので、背伸びするような実績なら載せない方が良いよ。


日本人の特性として【肩書き】効果が高い。

ブログに推薦文を載せるのもオモシロイかもね。

『私のブログは、あのクエスト大王先生から“絶賛”されました』

みたいなヤツね(笑)



コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ