PPC広告の活用 その3

PPC広告について ついに3回目のなりました。

なぜ、PPC広告なのか?

初めのうちは、宝くじみたいな感覚でやってたんですけど、

続ける内に、これもまた見えてきたんですね。

何事も経験に勝るモノはありません。

「設定後2週間、たった6回の誘導で、1万円GET」

しかも、1クリック たった7円!   笑いが止まりません!!

つまり、6回×7円=42円 で、情報商材が1本売れたんです。

設定自体は30分もあれば終わります。

時給にすると 19916円!

はい、ちょっとしつこくなりましたね。

今回はサラサラって進めますから、大事なところを見逃さないでね。

このブログが、アフィリエイト目的であれば迷わず、購入者特典の無料レポートにするところですが、そんな事はしません。

PPC広告を打つ場合の目的として、

とにかく多くの人に商品やお店の存在を知って欲しい場合

余り時間をかけたくないから 多少コストがかかっても 上位表示を狙い、甘いキーワードでサイトに来てもらいます。

なにせ、商品やサイトを覚えてもらわなければならないですし、時間を掛ければ掛けるほどいろんなコストがかかりますから必死ですね。

それに対して、私のようなアフィリエイターが情報商材のPPC広告を打つ場合はどうかというと、

濃いアクセス、絞りに絞ったキーワード

興味がない人は来るな! と言わんばかりの宣伝文

たったこれだけの事なんです。

沢山の人にクリックしてもらっても 広告費がかさむだけで意味無いですよね。

本当に欲しい人にだけクリックしてもらいたいですからね。

だから、キーワード広告では、特に、

「興味がない人は来るな」

と示すべきなんです。

これはアフィリエイトも同じですよね?

興味のない人に紹介するのは とても大変な事だけど、

その商品が気になってる人に売り込むのは、ちょっとだけ不安を取り除いてやるだけで良いんですよね。

前回紹介した、爆転の第3章とか、真・メルマガアフィリの第4章とか見るとイイですね。

濃いアクセスについても、両方の商材に書かれていますよね。

肝心の事を書いてませんでした。クリックした先のページはどうするかです。

私の場合は、それに余り時間を掛けていられないので そのまま セールスページに飛ばしています。

もし、余裕があれば 自分の言葉で書いた セールスページを作って、そこから直接 申し込みページに飛ばしますね。

多分その方が、購入率が上がると思います。まぁ その為には それなりの文章が書けないとならないですけどね。

ココでは、あくまで ほったらかしにこだわってやってますから。

それでですね、

アドセンスは最低単価がオーバチュアよりも低いんですが、
オーバチュアは最低単価に近い金額でも、上位表示出来るんです。

以前、オーバチュアについて説明した時(PPC広告 その2 )に、品質インデックスについて書いたんですが、ココで簡単に説明すると、

品質インデックス:クリック数が多い広告は優良広告と見なして、単価に関係なく上位表示出来る。

つまり、最初はキーワードを緩くして、広告も少し甘くしてクリック数を増やします。

当然コストは上がりますが、ギリギリの所でやってみましょう。

すると単価を下げても、表示順位はあまり下がらないんですね。

逆に言うと、

とりあえず広告を打ってみる。
   
    ↓

少しずつキーワードを絞り込む。

    ↓

宣伝文で、対象者を明確にする。

    ↓

単価の見直し  (2番目から繰り返す)

こんな流れで作り込んでいけば、単価を下げても収益は上がる事に繋がります。

PPCを使って稼ぐ系の情報商材の内容は、この記事よりも薄いと思って下さい。

買っても無駄です。

王道系の情報商材の中に、ヒントがいっぱい書かれています。

これで大体の説明は終わりですが、
実行してみると きっと

こんなに絞り込んで大丈夫なのかって、やってみたら感じます。

何日もクリックされない日があるけど大丈夫なの?

クリックが計測されても、1つ2つじゃ不安でしょうがない。

はい、気にしないで下さい。
クリックされなければお金かかんないんだから、ほっときましょう。

後は、商材選びですね。

購入に結びつきやすいモノ。
なんと言っても、切実な悩みとかじゃないですかね?

株や、競馬・パチンコ系も、財布のひもは緩いですけど
ライバルが多い事と、クソ商材が多いですよね。

初心者、初級者の内はとにかくお金をかけないで儲けようとします。

事実私がそうでした。

私の場合は、投資という意味合いよりも、実験にかかる必要経費だと思って、PPC広告を始めました。

少ない資金で、ほぼ ほったらかしで収入を得る事が出来る。

どんなに売れなくても、赤字になる事はまずないと思いますよ。

甘いキーワードなんかでクリック数が多くなれば、単純に、確率で計算出来ます。 

ASPに表示されている購入率に近い数字になりますから十分に計算出来るはずですよ。

思いつくままに書いているので、抜けてるトコがあるかもしれないですけど、ざっとこんな感じです。

時間を掛けないで、少ない投資で 濃いアクセスを集めるキーワードや文章の勉強になって、収入にも繋がる。

どうですか やってみたくなりましたか?

※2010年追記: オーバチュアはヤフーリスティングに名称が変わりました。

また、情報商材のリスティングは ほぼ、審査が通らなくなっています。

ちなみに、上記記事で売上げの上がった広告は、今現在も成果を上げ続けています。

—————————————————————
編集後記:

 今回の記事は アドワースでの実験結果です。

 現在 なるだけ条件が同じになるようにしてオーバチュアでもやっています。

 アドワースとオーバチュアでは多分結果が違ってくるモノと予想しています。

 アドセンスでも、グーグルから来た人と比べて、ヤフーから来た人はクリック率が倍以上多いんですね。

 ということは、アドワースの方が濃いアクセスを集められると考えられます。

 あっ 忘れてました! オーバチュアは広告の審査があります。
こいつは売れるだろうと思っても、広告掲載を拒否される事がありますからね。

 最近、seesaa が特に重いですね?

 私の所も、コメント書けなくてきっとご迷惑を掛けていると思います。

 夜間に アクセス集中しちゃうせいなんでしょうね。
 seesaa 側での早急な対応をお願いしたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ