3秒で、心をわしづかみにするキラーコピーの法則・10


 ⇒ 【心をわしづかみにするキラーコピーの法則 一覧】


それでは早速始めましょう、今日のサブタイトルは

【ターゲットの言葉や習慣を知る】


以前から『ターゲットに成り切る』事を説明してきましたが、
まずは、言葉や習慣を感じ取ってくださいね。


では、なぜ『ターゲットの言葉を知る』必要があるのでしょうか?


それは、
仲間内で使う“言葉”と、ヨソ者が使う“言葉”

これによって“距離感”が全然違ってきます。


仲間内で使われる“言葉”だと、直接心に入ってきます。


違う言葉を用いれば、仲間に入れて貰う所から
接触を始めなければならないのが、ストレートに繋がるのです。

タイトルにあるように“3秒”というのは、
ストレートに相手の懐に入らなければ出来ないのです。


その為には、相手が受け入れやすくなる“言葉”を用います。


例えば、外国人が英語で道を尋ねてきても
多くの日本人はそれを無視します。

しかし、日本語で話しかけてきたら応えますよね?


まぁ、英語に対する苦手意識って問題もありますが、
ターゲットが属する文化や価値観との違いも、それと同じ事なんです。

ターゲットとの間に“溝”を作ってはならない。


だから、ターゲットの“言葉”や“習慣”を知ることが重要なのです。



それでは、実際にどうやって調べたらよいでしょうか?

1.SNSのコミュニティなどに参加する

2.専門雑誌を購入し、特集や広告を調べる


一番手っ取り早いのが雑誌なんですよ。

そこには、広告費をかけた広告が貼られています。
ばっちりターゲッティングが出来ている広告があります。


さらに、雑誌の目次を見るとターゲットが喜びそうな
記事がズラ~~っと並んでいるわけです。

中でも、特集記事などは、今一番ホットなことですよね?


そこは、キーワードの宝庫であり、
貴重な生態観察の資料になるのです。


そして、そこで感じた疑問を、SNSなどで質問をすると
さらに多くの情報が得られるんですよ。


『知らない分野』だとか、『興味がないこと』だからと言って
注意を払わず、無関心でいることは、とてももったいない事。

だって、そこには自分の知らない人生があるんですから。


ドラマや映画よりももっとオモシロイ、
現実にあった話しを知ることが出来るんですよ!


って、ちょっと話しがずれちゃったけど、
そのくらいの勢いで興味を持たなきゃ、
物事の表面を撫でさするだけなんです。

人の心に響く文章というのは、
心の奥にグサッと手を突っ込むようなことなんです。


あなたの心の中に、グサッと手を突っ込んで、

「ほらっ、こんな悩みを解決したいって思ってるんでしょ」

って見せてやることも時には必要なんです。


先日の欲求度5段階の1や2のヒトでも、
本当は5の今スグ解決したい人もいるんですよ。

だけど、本人は見ないようにしている。

解決する方法があるなら、教えたあげなくちゃ。


だから、調べるのも真剣に。


表面的な調査なら、しない方がまだマシ。

そう言うのを『知ったかぶり』って言うの。


それなら、逆に『教えて』って問いかけた方が
よっぽど反応が得られるよね~



“言葉”を知り、“習慣”を知ると、
ターゲットの理想像や、どうなりたいのか、
どのような状態がしあわせな状態なのかが解ります。

どうだったら困り、
苦労したり、悲しかったりするのか?


これらが理解できれば、
『無視することが出来ないコピー』
『気になってしょうがないコピー』
が書けるようになります。

そして、
『断ることが出来ないコピー』になります。


調べ方1つで、結果が180度違います。


でね、コピーを書き終わる頃には、
自分がその商品を欲しくて堪らなくなります。

そのくらい、心を込めましょうね♪



コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ