3秒で、心をわしづかみにするキラーコピーの法則・7


『あなたのコピーで、お客様を困らせていませんか?』


言い方をちょっと変えてみると、

『あなたのコピーは、お客様を迷わせていませんか?』



ちょっと想像してください。

『ALWAYS 三丁目の夕日』の時代のことを。


この頃は、機能や性能がそのままキャッチコピーであり、
購入動機とイコールでした。

選択の余地がなかったわけですから。


メリットを、そのまま伝えれば良かったんです。


でも今は違いますよね?

いろんなモノで溢れかえっています。


例えば、昨年の地デジ化によって
多くの人が地デジ対応テレビを購入しました。

この時、『地デジ対応』以外の選択のポイントって何があったでしょうか?

その時のことを思いだしてください。


メーカーごとに、沢山のメリットを強調していました。

しかし、機能や性能で購入を決めたんでしょうか?


と言うか、メーカーが示すメリットを
どれだけ理解できたでしょうか?

多分、いくつかのメーカーや機種を比較してたら
「どれも大して違いないよなぁ・・・・」ってなったと思います。


こうなってくると、値引率の高いモノとか
単純に価格の安いモノ、或いは、一番機能が多いモノ・・・

店員がオススメするモノ。


「このメーカーの、この機種じゃなきゃ買わない!」

そう言える人って、少数の人です。


み~~んな、どれがイイんだか悩んで
価格と、店員の対応次第です(^_^;



実はこの時、
店員は、あなただけに響く魔法の言葉をささやいていたはずです。

あなたの悩みを解決する言葉を。

あなたの背中を押してくれる言葉を。



ここで最初に書いた一文を思いだしてください。

『あなたのコピーは、お客様を迷わせていませんか?』


多くのメリットを並べ立てて、余計に混乱させてしまっています。

では、どうしたら良いと思いますか?


「一番、見て欲しい事を1つだけ挙げる」


うん、これだとちょっと違います。

それではメリットの1つをピックアップしたに過ぎません。


『お客様が欲しいと思うことを1つだけ見せる』


これまでに、ターゲッティングの話しを繰返ししてきました。

だから、これだと思うことを1つだけ見せるんです。


例えば・・・・

「このテレビは、10年後も今と同じ美しい映像なんですよ」

「今も10年後も変わらない美しい映像なんです」


“10年間、新品と変わらないんだったら
コストパフォーマンス高いよね~

それなら、多少高くても仕方ないな・・・・”


こんな風に思いませんか?

立派な購入動機になると思いませんか?



もう一つの例

「このテレビは、全チャンネルを24時間録画し続けます」

こんな風に書かれてても、「すごいね~」って思うけど
「これが絶対欲しい」とは思わないです。

「全チャンネルを24時間録画」すると、どんな風にイイんでしょう??


この機能があることで得られるイメージを伝える。

それも、お客様の悩みを解消してくれるようなイメージです。



■まとめ

【コピーを読む人を迷わせない】

【悩みを解消させるイメージを1つだけ与える】



次回は、ターゲットの悩みの深刻度による
コピーライティングの違いについて書いて見ようかな。




■編集後記

何度かお知らせしている、今だけ無料のこのノウハウ。

これ、かなりの刺激になりますよ。

⇒ 【12億円稼ぐコピーライターのノウハウ】



コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ