バードコールを作ってみました


今日は、気楽に行きましょうかね。


先週、野幌原始林を歩きながら
1本の枯れ枝を拾いました。

ちょうど、杖にすると良いくらいの長さと太さ、

たまたま拾ったこの枝が、
良い感じに密実で、少し乾燥が進んでいました。

「あ、これでバードコール作れそうだな」


家に持ち帰り、もう少し乾燥させようと
適度な長さに切り分けておこうと思ったら・・・・

「作って作って~~~」

と言う家族のご要望。。


仕方ないので、節のある部分なら
まだ何とかなるかなと、適度な長さに切断して
穴を開けてアイボルトを突っ込んで・・・・

きこきこきこきこ・・・

キュッキュッ・・・


おおっ、良い感じで鳴り始めましたよ\(^o^)/

バードコール



これは↑↑↑、そのときの試作品。

木の皮が少しむけていたので
思い切って剥いでしまいました。

まだ多少、湿っていたので
もし音が出なければ、ねじ穴を
炙ってやろうかと考えてました。

ハンダリムーバーとかでね。


今、作るつもりは無かったので、
アイボルトも工具もあり合わせですが
なんとかなるもんですね♪



でね、これで話が終わっちゃったら
単なる日記ブログになってしまいます(笑)

話の流れとしては、作成したバードコールを
実際に森などで使ってみた感想があるとベストだよね。


ここでちょっと想像して欲しいのが
この「バードコール」というキーワードに反応して
サイトに訪問する人ってどんな人でしょうか?


・私と同じようにアウトドアが好き!

・「バードコール」って何??

・バードコールを作ってみたい

庭に小鳥を集めたいって人もいるかもしれません。


「小鳥」にスポットを当てると、
野鳥観察に興味のある人や、
野鳥の写真を撮るのが好きな人。

こんな人も、興味を持たれますよね?

そうすると、この人たちは
野鳥を観察する道具にも興味を示すはずです。

これからの時期だと、観察に適した防寒具とかね。


何気ない記事からの誘導って、
アフィリ目的の下手なサイトと比べて
ずっと効果的なんですよ。

もちろん、ちゃんと計算されているサイトは別。


例えば、このバードコール、
作ろうと思えば、固い丸い棒状の木と
鋸、ドリル、ヤスリ、アイボルトがあれば
カンタンに作ることが出来ます。

バードコール自体の需要は少ないですが、
こうした作成モノのコンテンツ動画を作るのは
地味に安定したアクセスが期待できます。


この“地味に安定したアクセス”って、
アフィリ初心者は馬鹿にするんだけど、
メッチャ大事なんだよ!!

1サイトで1万件のアクセスも、
100サイトで各100アクセスも同じ。


先程のコンテンツは、ほったらかしでも
アクセス数に大きな上下が無いのが特徴なの。

季節変動はあるけどね。

1日100アクセスくらいのサイトなら
作るのも、維持するのも大きな手間がかからないけど

1日1万アクセスのサイトを作るのも、
維持するのも結構大変な手間がかかる。

なんせ、外れることが多いからね。


ただ、どちらもコツコツやった人が結果を残します♪



あ、それで思い出したんだけど、
アクセスアップに、アメペタツールとか
ツイッターツール、SNSツールがあるんだけど
それが一つにまとまったツールがあるんだよね。

⇒ 【集客X】

今までいくつもツールを動かさなくてはならなかったので
これ一本で集中管理できるのは便利だなって思った。

月額課金なので、バージョンアップも期待できるし・・・

とは言っても、まだ使い始めたばかりなので
そのうち気が向いたらレビューしますね♪



コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ