バカ売れキャッチコピーを考える(24)


※毎週水曜日は【バカ売れキャッチコピー】の日!


今回は、【笑わせる】です。

良いキャッチコピーを考えて貰うと、大抵の場合
コムツカシイ、ちょっと考えさせられるような
そんなコピーを考える人がいます。

キャッチコピーは、シンプルイズベスト。

パッと見て、「なに? なんだろう?」

「もっと知りたい、この先を読みたい」
ってさせなきゃ意味が無いんです。


で、今回のお題ですが、
『笑い』で読み手の注意を惹きつけます。

初対面の人と会う時、ちょっとしたジョークで
場の雰囲気を和ませたりしますよね?

相手の緊張や不安を、ちょっとしたジョークで
さぁーっと、吹き飛ばしてくれます。


そこで、注意して見てみると
商品名が既にダジャレになっているモノ。

こう言うのは、苦笑いになってしまう場合が多いですが
それでも、どういった商品なのかが一発でわかりますよ。

例えば、「熱冷まシート」とか「通勤快足」とか・・・・

商品を知らなくても、何となくイメージ出来ますね。


これがキャッチコピーになると、

「熟れすぎてゴメンナサイ」

ジョークというか、ダジャレが多いんですけど
ダジャレの場合は広い年齢層にアピールできますからね。

意味が通じなければ、ジョークにもなりません。


わかりやすくて、クスッと笑ってしまうモノ。

イヤ、大爆笑してしまうモノの方がイイですけど、
そんなコピーは、滅多にあるモノじゃないですからね。


要は、『読み手を楽しませる工夫』

この気遣いって、ポイントが高いですよね?


笑かして、緊張をほぐし、不安感を取り除き
さらに、強い興味・関心を引く。


ってコトで、今回は、
【笑わせる】って事でした。


それではまた来週♪

あ、明日も記事を更新しているので見に来てね~



コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ