アフィリエイト記事はどう書くのか?


今回は、アフィリエイトに使用するブログ記事の
コンテンツとしての価値について。

「どういったことを書けば良いか分からない」

「内容が薄いのでは?」

「コムツカシク書きすぎているかも」

「文字数はどのくらいがイイんだろう」


アフィリエイトの記事を書くにあたって
いろいろな疑問が生じていると思います。

上記に挙げたのは、よく質問される代表的なことです。


まず第一に、決まりは特にないんです。

必要なことは、

『読者が読みたいと思うかどうか』
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

あなたが有名人で、お昼ご飯に何を食べた
知りたいと思う人が多いのなら、ご飯ネタでイイんです。

これに該当する人は少ないですね。。


次に、『何を』紹介するのかによって
内容は当然変わってきますよね?

これについては後で詳しく書くとして、
先に、文字数についてお答えします。


『SEOの為に、500文字以上なければならない』

これは嘘。

被リンク無しで、1記事100文字未満のブログで
ポピュラーな単キーワードで1ページ目に表示されています。

そのブログでイチバン短い記事は、20文字くらいが文章で、
30文字が毎記事同じ記号ですので、コピーコンテンツの
疑いで圏外に飛ばされてもおかしくありません。

なので、SEOの上での文字数の縛りはないってこと。


文字数は、読み手にとって多いと感じるか
少ないと感じるか、それが判断基準になります。

一般的には、1000文字が境目になるかな。


ただ、内容によって2000文字でも多いとは感じないし、
たった20文字でも少ないとは感じないんです。

そこに欲しい情報、参考になる情報が有るか無いか。


で、それよりも重要となるのが
『読みやすさ』なんです。

意味不明な文章で、且つ、誤変換や誤字脱字で
しかも改行無しの文章なら、100文字でも嫌になります。

適切な改行、適切な位置の句読点、起承転結、5W1H。

そして、誤字誤変換を無くすこと。

これは、読んでくれる人への最低限のマナーです。

相手の時間を奪っているんですから、
それに見合うモノ以上の価値を提供できなければ、
その記事は必要とされない記事になります。



次はお待ちかねの、
『記事の内容と書き方』ですね。


『口語体』と『文語体』でいえば、
あなたがその道の権威ある専門家で、
専門についての解説をするならば、
当然、文語体が基本となりますよね?

本を読んだりして仕入れた知識を
噛み砕いて説明するブログでは、
口語体が相応しいと思いませんか?


もっと言いますと、アフィリエイトの記事では
相手の“心”や“感情”を動かす文章です。

その為には、口語体の方が都合がよい。


アフィリエイトの記事では、
常に、読み手と書き手は1:1。

数千人、数万人に伝えるのではなく、
特定の誰かに伝えるという意識と文章。


つまり、その記事を読んでくれる人に
イメージが伝わるように書くことなんです。


内容が濃いとか薄いとかというのは、
読み手が求めていることに答えているかどうか。

ちゃんと相手に伝わっているかどうかなんです。


どんなに立派なことが書かれていても、
相手に正しく伝わっていなければ、
その価値を理解できないので
“薄い”内容にしかならないんです。

相手に正しく伝えるために、そして、
読み手を感動させるために、『イメージさせる』


これが、アフィリエイトの記事の良し悪しとなります。



ここまで、読み進まれたあなたには、
コチラの教材が一条の光となるでしょう。

⇒ 1,300万稼ぐ 【神アフィリエイトブログ構築法】


誰にでもオススメしている教材ではありません。

『書くこと』に対する意識が高い人にだけ
知っておいて欲しい教材となります。



コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ