アフィリエイトの基盤、SEOの基礎


サイトやブログへのアクセスをGoogleや
Yahoo!を使って集めるには、どうしても、
“基盤”となるモノが必要になってきます。


この基盤となるモノは、パワーサイト等であれば
パワーサイトを構成するコンテンツの一つ一つが
全体を支える基礎になってくるんです。

だから、時間をかけたSEOをさほど必要としないんです。


だから、作るのに時間がかかっても「パワーサイトを作りましょう」
って、毎度のように書いてきました。

そう、パワーサイトを作れるヒトはイイんです。

いつも紹介している『パワーアフィリエイト』を参考にすれば実践できますから。


でもね、その教材を読んでも続けられない人って多いんですね。

そうなると、自分で基盤だけを別に用意しなくてはならないんです。


ここから、土木や建築の工事をイメージして欲しいんです。

橋やビルを建てるためには、基礎となる土台が必要です。

町を作るには、道路や上下水道、電気などのインフラ整備が必要です。


こうした“基礎”となる部分が、SEOで言うと“バックリンク”になります。


これらの基礎は同じように見えても、それぞれ違うんですよ。
例えば、ビルの基礎と、戸建て住宅の基礎は違いますよね?

そうです、基礎の上に作られるモノによって、
基礎の形式や大きさ、種類などが全然違ってきます。

10階建てのビルがスッポリ入るような基礎とかね(笑)


つまり、バックリンクでも同じように、
基礎の上に作られるのが木造家屋であれば、カンタンなSEO

都庁みたいなビルや、斜張橋のようなモノであれば
基礎自体がパワーサイトになったりします。


ではこの上物(ビルや戸建て)の違いって、SEOで言うと何でしょう?


それは、“キーワード”の違いなんです。


いわゆる“ビッグキーワード”と、“ロングテールキーワード”や
“ニッチなキーワード”ということになります。


◎ビッグキーワード=検索数の多い、1ワード

◎ロングテールキーワード=ビッグキーワード+関連語などのように
 情報を絞り込むために入れられる2語以上の集まりのキーワード

◎ニッチなキーワード=検索数自体が少ない1語以上のキーワード


ちょっとイメージしにくいかも知れませんね。
こんな風に書けば解りやすいかな・・・

 ・企業等が狙うのが、ビッグキーワード。

 ・アフィリエイターが狙うのは、ロングテールキーワード。

 ・ネットショップで成果を上げやすいのが、ニッチなキーワード。


アフィリエイターでも、ビッグキーワードを狙うこともあります。
ただ、コストがかかる上、成約率が低いので一般的ではないだけです。

基盤を持たない人が、ビッグキーワードで戦うのは勝算が低いって事。


それよりも、ロングテールなキーワードで勝負しましょう。


・・・・・って、ロングテールってモノが良くわからない?

わかりました。

近日中に『ロングテール』について説明しますね♪



コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ