【アフィリエイトの極意・27】人間味を出す

アフィリエイトの極意

今回の極意は、【人間味を出す】です。

前回は【その動機は?】でした。


インターネットを使ったビジネスで
誤解されている方が多いのがコレなんです。

今の20代の方だと、ネットで友達を探したり
友達と連絡を取り合うのが当たり前ですよね?

でも、40代以上の方にとっては、
ネットは情報を調べる道具というイメージです。



スカイプなどで個別相談をしている方でも
私のことを、何でも自動で答えてくれる
ロボットか何かと思っている人もいます。。。

ブログやサイト、Twitterなどに
書かれているコンテンツは、
『人工無能』が書いたモノじゃ無いんです。

血の通った人間が、
パソコンの向こうにいるんです。



逆の情報を発信する立場でも
まったく同じ事が言えます。

私の記事を読んでくれているのは、
血の通った感情を持った人間です。


「何を当たり前のことを・・・・」

そうです。

ものすごく当たり前のことで、
十二分に解っているはずなんです。


でも、なぜかブログやサイト、Twitterを使うと
途端に相手が見えなくなっている人が多いんです。


それは、「スグにでも成果を出したい」など
自分本位の都合だけで考えてしまうから。


さて、『人間味を出す』とは
どういうことなのでしょうか?



いくつかのキーワードが浮かびます。

『未完成』、『無駄が多い』、『遊び心がある』
『口語体で書かれている』、『笑いがある』
『感情が感じられる』、『生活感がある』


他にもあると思います。

あなたなら、
どんな所で『人間味』を感じますか?



真っ先に『未完成』が浮かんだのは、
『完全』とか『完璧』を目指して
失敗する例が、とても多いからです。



以前、その両方を体験したプロジェクトがありました。


『夢』だけを与えた作りかけの
会員募集サイトは成功していました。

活動を応援してくれるNPOや、
スポンサーも乗ってきてくれました。

しかし、プロジェクトの責任者は
『完璧』を目指しすぎてしまったのです。

「スポンサーが考えているものとは違う」

言葉の微妙なニュアンスが違うだけで
提供されるサービスに違いは無かったんです。

でも、『完全一致していない』という理由で
解散してしまったんですよねぇ、モッタイナイ。


ここでポイントなのは、
募集サイトはホントに作りかけで、

「このようなサービスを実現させたい」
「賛同してくれる方は、会員登録して」

それだけしか無いコンテンツだったんです。


会社もこれからだったので、
会社概要も書けませんし
信用を与える情報が無い(笑)

サイトデザインだって、
かなりショボかったんです(^_^;


見た目も悪く、実質の中身も無い。。。

これこそ『人間性』を前面に出しただけ
のサイトだったワケですね。


だから、何も持っていなかったとしても
『自分らしさ』だけで、反応がとれる
コンテンツが作れるんですよ。

読み手の顔を想像することが出来れば。


とはいえ、
どう書けば良いかわからないって人は
コチラのスカイプカウンセリング込みの教材

カウンセリングライティング



あなたの持っている経験や話し方
それをコンテンツに変える方法が解ります。



コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ