【3章】無料サービスの利用


無料サービスには、

 ・無料ブログ
 ・無料サーバー
 ・無料ホームページスペース(ホムペ)
 ・ソーシャルブックマーク(SBM)
 ・掲示板、プロフサイト
 ・ツイッター
 ・Youtube
    ・
    ・
    ・

このようにイロイロあるわけですが、
利用目的は、アクセスの誘導や被リンクなど
主に、露出する機会を増やすことに使われます。

その為、「1人1アカウント」ではなく
100アカウントとか、1000アカウントとかの
大きな数のアカウントを使う事が多いです。


このように書くと、かなり驚かれるかも知れませんが
『無料サービス』は、サービス提供者が“神”ですので、
いつアカウントが使えなくなるか解らないのです。

よく、下記のような質問をされるか違います。


■質問1

「ツイッターのアカウントが凍結されてしまいました。
 どうしたら良いでしょうか・・・・」

メインで使用しているアカウントなら、
何とかしたいと思う気持ちはわかります。

ですが、上記のような目的で使用している
アカウントであれば、削除や凍結されても
仕方がないのが現状です。


そのようなことに悩んでいても、
解決できることは希な上、多くの場合、
解消出来るまでに時間がかかります。

そこにかける時間があれば、
10も20もアカウントを取得することが出来ます。

この考え方の転換は、
ネットビジネスを行う上で絶対に必要不可欠です。


例えば、リアルで無料で行われているサービスの
アカウントが消されていたら??

それが、ポイントが貯まるとかだったら
きっと何とかしてくれよって怒りますよね?

しかし、ネットの世界では突然のサービス終了も
珍しいことではないんです。


アカウントの削除だって、規約に書かれています。

簡単に書くと「神の気分次第でアカウントを消す!」


極端な訳し方ですが、規約に盛り込めない事態を想定して
このように書かれているのですが、これを逆手に取る場合も
往々にしてあるという現実があります。

だから、上手に付き合っていくしかないのです。



話しが前後しますが、例えば、
1つのSBMからのアクセスが、1ヶ月で7アクセスだったとします。

もし、ここで100アカウントを取得して
サイトを登録すると、1ヶ月で100倍の700アクセス・・・・

と思うでしょ?


単純に100倍ではなく、
1万倍にも100万倍にもなる可能性があります。

ちょっとYahoo!ブックマークを覗いてみましょう。

⇒ 『人気ブックマーク(Yahoo!ブックマーク)』

各サイトのタイトル名の右下に、
「20人が登録」、「76人が登録」と言うように書かれていますよね?

今見ているのは、「いま話題のページ」ですが、
タグにキーワードを入れて、人気順に並べ替えると、
「100人が登録」したサイトは、
上位に表示されやすいことが判ります。


このように、人の目から見たアクセスの誘導と、
Googleから見たサイトの評価が加わります。

「多くの人にブックマークされているサイトだから、
 上位に表示させた方が良いだろう」

だから、単純に100倍ではなく、
もっと大きな可能性、レバレッジが効いた結果が得られるのです。

これが、多くのアカウントを取得して利用する理由なのです。



■質問2

「無料ブログを開設して、ブログ自動投稿ツールで
 自動投稿を始めたところ、スグにアカウントを削除されます・・・」

ツイッターにしてもブログにしても、アカウントを取得直後に
ツール等に頼った投稿を行うのは、
「削除して下さい」と自ら言っているようなモノです。


通常、アカウントを取得したら1~3ヶ月くらいは
自分で、たまに記事を書いて投稿して置いておきます。

こうすることで、運営サイドからの
監視から逃れられることが多いのです。


大抵の無料サービス提供者は
アカウント取得して間もない内は、
どんな風に利用されるのかをチェックするモノです。

その要注意期間を過ぎれば、
チェックが緩くなってきます。


事前の準備をしておくこと。

常に、アカウントを補充すること。

これらのアカウントは、
大事な“武器”になると言うこと。



■質問3

「無料ブログで稼げますか?」
「どの無料ブログが良いですか?」

無料ブログだけで稼ぐことは可能です。

私の感覚では、1ブログから5~10万円/月を稼ぐのは
それほどムツカシイことだとは思いません。

むしろ、独自ドメインを取得してWPをインストールするよりも
無料ブログの方が早くに成果を上げる事が出来るでしょう。

長い目で見れば、独自ドメインでの運営が良いです。


ちなみに安心して使えて、且つ、SEOに強いのは
何と言っても“Seesaa”です。

独自ドメインでの運営も出来るしね。


FC2やライブドア、アメブロ等も良いですが
突然のブログ削除が起こりますので、長期の運営には不向きです。

このように、突然の削除が行われるブログサービスでは、
それなりの利用方法しかできないため、メインで使う無料ブログは
“Seesaa”以外に考えられないんです。

この運営サイドの考え方の違いって、
利用する側にとって大きいですよ。


例えばアメブロで、
「○○○がバカ売れだった」

と、記事の一部に使用されていると
“バカ”のキーワードで検出されて削除されます。

これは機械的に行われるため、
記事の内容はまったく考慮されません。

こうしたNGワードは非公開なので、
とてもじゃないけど、マトモに付き合ってられません。


ちなみに、SEOに強いのはFC2。
運営サイドでいろいろ試しているので
たまに圏外に飛ばされたりしますが(笑)

ライブドアも割と良い方ですね。


アクセスを集めやすいのは、アメブロになります。


ブログサービスの優劣よりも、
コンテンツやキーワード、ブログタイトル名、
説明文などの優劣の方が重要です。



コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ