バカ売れキャッチコピーを考える(27)


※毎週水曜日は【バカ売れキャッチコピー】の日!


今回は、【○○の日(記念日)】です。


12月19日の今日は、

 ・クレープの日(毎月9の付く日)
 ・共育の日(毎月19日)
 ・松坂牛の日(毎月19日)
 ・熟カレーの日(毎月19日)
 ・シュークリームの日(毎月19日)

・・・・なんだそうです。

こうした○○の日って、
1年に1度というような錯覚をしていましたが、
それが、毎月行いたいと思わせるほど、
記念日の反応が高かったのでしょう。

特売の理由付けとして、使いやすいって言う事ですね。


私が覚えているのは、毎月1日の映画の日。
それと、水曜日のLadiesデイ。

映画を見る時は、こうした混雑する日を避けています(^_^;


でも普通は、どうせいくなら
いつもより安い日に見るのが当たり前ですよね?

で、こういう日は混雑します。


そう、それだけお客様の反応が得られている証拠です。

でね、「丑の日」の頃のように“旬”を意味していたのと違って
現代では「映画の日」のように“安い”と言うイメージに変わりました。


「毎週火曜日は50%OFF」

「3の付く日は出玉Day」


テレビCMで、このようなモノがバンバン流れているおかげで

「○○の日」=「いつもよりお得」

こうしたイメージが付いてしまってます。


なので、集客(リピーター確保)の基本として
こうした案内をするのは親切だと思いますよ。




ってコトで、今回は、
【○○の日(記念日)】でした~~


それではまた来週!!

あ、明日も記事を更新しているので見に来てね~♪



コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ