詐欺商材販売者と、インフォスタイルに行政処分!!


遂にやりました!!

東京都が、やってくれましたよ~~~\(^o^)/

『稼げる情報などとネット上で誇大広告を行っていた情報商材販売事業者
4者に全国初の特定商取引法に基づく業務改善指示、条例による勧告
また、販売システム提供事業者に対して条例による勧告を実施』




■指示処分・勧告の対象事業者

 ・鈴木開発興業:Money Maker 2010
 ・J’s company:即金在宅ワーク
 ・松岡哲毅:あなたの携帯電話を半強制的に現金収集端末へ変貌させる方法
 ・中村真一:簡単な計算がお金になる在宅ワーク


■勧告の対象事業者

 ・インフォスタイル


『平成22年9月2日
 生活文化局

 本日、東京都は、インターネットのウェブサイトにおいて、
「インストールするだけで毎日数万円が自動入金」、
「携帯電話を現金収集端末へと変貌させる」、
「月に29万円以上を稼げてしまう最新モデルの在宅ワーク」
などと根拠を欠く誇大広告を行い、
いわゆる情報商材と称する儲け話などを販売していた
事業者4者について、

特定商取引に関する法律(以下、「特定商取引法」という。)
第14条に基づき、業務改善指示を行うとともに、

東京都消費生活条例第48条に基づき、是正勧告を行いました。


 また、合わせて、情報商材販売者に対して販売システムを提供し、
自社ウェブサイト上にも広告を掲載していた事業者に対して、
東京都消費生活条例第48条に基づく、是正勧告を実施しました。

 いわゆる情報商材を取り扱う事業者に対して
特定商取引法による処分を行うのは、
平成21年12月に情報商材が法規制の対象となってから、
全国で初めてです。』

詳しくは、サイトを確認して下さいね!



今まで、多くの詐欺商材の被害者に、
必ず消費者センターに情報提供をするよう、お願いしてきました。

その成果の、第一歩です。


まだまだ、『勧告』と言う段階ではあるけれど、

「被害者は黙ってはいないぞ!!」

と言う強いメッセージにはなったでしょう。


既に、
国民生活センターからは、消費者に対して注意を呼びかけていましたが、

先に東京都が動きましたね~~


これに習って、全国的な動きが起こって欲しいモノです。

と言うか、
警視庁、先を越されたと焦ってるんじゃないかな(笑)



■編集後記

 ちょっと、体調を崩してしまい
ブログをお休みしてしまいました(・_・;

楽しみにしていた方、申し訳ありませんでしたm(_ _)m


また、「お問い合わせ」のメールフォームに不備があり
8月末から、9月7日までの間のお問い合わせの多くが届いていません。

現在は復旧していますので、私からの返信が無い場合、
お手数ですが、再度連絡して頂けると幸いです。


コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ