【2章】パワーサイトの構築


ここまで、SEOの考え方や、人(アクセス)の流れについて説明してきました。

さらに、どんなサイトが好まれるのかを。


この章では、「パワーサイトの構築」について説明していきます。


1.パワーサイトとは?


パワーサイトについての明確な定義というモノは存在しませんが、
敢えて定義するならば、


【Yahoo!カテゴリに登録されたサイト、
 または、可能なレベルのサイト】

【100ページの詳細な情報を含むサイト】

と、する事が出来ます。


「100ページ」と言うのはあくまで目安で、
中身のコンテンツが問題となります。

「このサイトは友達に教えたい」

そう思えるようなサイトをパワーサイトと一般的に呼んでいます。



次に、SEOの観点から見た「パワーサイト」とは・・・・

【評価される子ページを多く含んだサイト】

とすることが出来ます。


他者から評価されるような詳細ページから
トップページにリンクされていて、且つ、
トップページから詳細ページへのリンクがある。

つまり、内部SEOがしっかり行われている、
ユーザビリティーが高いサイトのこと



2.パワーサイトの必要条件


 ・専門的なサイトである
 ・運営者情報がある
 ・特定商取引の表記がある(必要な場合)
 ・プライバシーポリシーがある
 ・お問い合せが出来る
 ・サイトマップがある
 ・メニューが充実している(階層化を含む)
 ・メニューはページ上部、下部とサイド
 ・更新頻度が高いサイト
 ・詳細ページの文字数は500文字以上
 ・画像や動画情報などを多く含む
 ・ソーシャルブックマークなどの外部評価のリンクがある
 ・詳細ページのキーワード、サイト全体のキーワード出現率

主に上記のような条件がある。
 (数字は目安です)

これらは内部SEOの条件でもある。

⇒ 『ウェブマスター向けガイドライン』


考え方としては、トップページで集客するのではなく、
それぞれの子ページ(詳細ページ)でアクセスを集める。

それぞれの詳細ページが十分に魅力的であるならば、
それらの評価はトップページに集まり、サイト全体が強くなります。

同様に、このサイトを含むドメインも強くなっていきます。

 ※「強くなる」とは、SEOの効果が高い事を意味します



3.パワーサイトを持つメリット


この様なサイトを、複数持つ事で
“パワードメイン”に育てることが出来ます。

このように成長したドメインを持っていると、
各ページが検索結果の上位に表示されやすくなります。

つまり、子ページを作ってスグに
結果を得られる状況が作れると言う事です。


例えば、朝、テレビの番組表を見て
稼げそうなネタを見つけてページを作ります。

放送直後には、大きなアクセスを期待することが出来ます。


こうしたパワーサイト、パワードメインを作る目的は、
実はこうした突発的に上位に表示させたいページを
容易に上位表示させることが可能なことなのです。

そして、この検索順位は一時的なモノではなく、
安定的に上位に表示され続けます。

つまり、安定的に報酬が上がり続けるわけです。


最初に、このようなパワーサイトを作る時には
多くの労力と時間が必要になりますが、
ひとたび出来てしまえば、1日の作業時間は
10分とか、30分とかになるでしょう。



参考にする教材・必要なツール


パワーサイトの作成方法についてはこちらの教材が詳しい

⇒ 【パワーアフィリエイト】

趣味ブログから始めるパワーサイト構築方法なので
初心者からでも始められて、いつの間にかパワーサイトが出来ていく。


上記の方法で、記事を書き溜めながら
それらの記事を整理・リライトしてサイトを作ります。

この時にサイト作成に適したツールがこれです。

⇒ 【シリウス】

サイトだけでなく、ブログのようにも使え、
しかも、携帯・PC・スマホに対応したサイトが作れる。



コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ