アフィリエイトの極意(5)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
アフィリエイトの極意シリーズは、
【毎週火曜日】にお送りします。

いつもは長々と記事を書いてますが、
このシリーズではワンポイントで
簡潔に、解り易くお伝えしていきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今回は【キーワード、キーフレーズを考える・4】
となりますが、2013年のSEO最新情報でもあります。

【Googleハミングバード・アルゴリズム】


最近行われたGoogleの大がかりなアップデートですね。

平たく説明すると、

『キーワードではなく、フレーズ検索に対応した』
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
こんな風に、以前説明しました。


間違ってはいないんだけど、
正確でもないことがわかりました。

『検索意図を反映した検索結果を表示する』
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


前回、検索する為に入力するキーワードによって
検索者の欲求の違いや目的が違うと言うことを説明しました。

つまり、このことを検索エンジンが読み取り
それに適した内容のサイトを表示するように
改良を進めていると言うことなんです。


これは何を意味するかというと、
キーワードやディスクリプションが一致したサイトではなく
コンテンツやサイト全体を見て、検索した目的に対して
適切なサイトなのかそうでないかを見ているようなんです。


キーワードに対する考え方に若干の修正はあるモノの
根本的なことは、むしろ改善されている訳です。

【SEO目的のサイトの除外・無視】


検索者の意図をくみ取り、適切な情報を与えるサイトは
Googleが勝手に上位に表示してくれるんですから、
被リンクを集めるだけの作業、重要性は低くなった。

・・・低くはなったけど、
被リンク以外で、サイトを評価しているモノは
逆に、Googleは参考にしているようですが。


ということで、

【アフィリエイトで成功する極意】

【サイトを上位表示させる方法】

がイコールになったワケですよ。


でね、これはキーワードを入れた時も同じなので
検索者の意図を考えるって事は、必須なんですよ。


もちっと補足すると、以前だったら
長いタイトル名のサイトを、そのまま検索ワードとして入れれば
検索結果の上位の方にサイトが表示されていたモノですが、
今は、タイトル名が一致していても見つけるのが困難だったりします。

■キーワードの考え方を学べるイチオシ教材■

当サイトの記事では、有料の教材に書かれている内容と
遜色のないノウハウをいつも提供するよう心がけてますが、
ブログの記事は一度読んだら、2度は読まれないんです。

「いつでも読み返せる」けど、一般的に
それをする事って、まず無いんです。

特に考え方というのは、読んで理解するだけではダメで
自分自身で考え方を“体得”する必要があるのです。

なので、専門教材の購入をお勧めしています。


⇒ 【NEOノンバトルアフィリエイト】

初心者でも分かりやすい内容で、アマゾン、楽天、A8の
具体的な攻め方・考え方まで実戦的に記載されている。


⇒ 【一騎当千のアダルトアフィリ-2013年版】

アダルト向けの教材だが、キーワードの収集や考え方は
一般とアダルトで大きな違いはないので、本書が役に立ちます。

この教材の内容を自分のモノにできた時、
月収100万円が見えてくるでしょうね。

イチオウ初心者向けには書かれているので
一度で理解しようとせずに、何度も読み返して
この考え方を自分のモノにしてくださいね。



コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ