“クレクレ君”では稼げるようにならない


購入者特典などに含まれない
情報商材や、ツール、特典。

生の“情報”を『くれくれ』と求めるだけの人がいます。

ちなみに、『くれくれ』と情報を一方的に求めることと
具体的にアドバイスを求めることとは違います。


私の場合は、特典や情報については
求められれば、提供するようにしています。

それが良いことか悪いことかは別としてね。


と言うのは、万に一つでも、それがきっかけとなって
稼げるようになってくれればという思いがあるからです。

そう・・・万に一つでも、です。


「でも、自分は稼げていないから、
 提供できるような情報なんて持ってないし」

いえいえ、そんな事は絶対にありませんよ!!


仮に、あなたが私に伝えた情報が
私が知っていることだったとしても、
その情報に価値がないとは思いません。

例えば、同じ情報を3人の方から聞いたとしたら
その情報について関心を持っている人が多いようだから
詳しく調べて見る必要があるのではないかと考えたりします。


例えば、ツールの情報を得たいとき

「今、無料の○○というツールを使っていますが、
 このツールは○○○は良いのですが、○○○が出来ません」

「この部分を補えるようなツールにはどのようなモノがありますか?」

無料で提供されているツールの感想を書いているだけですが、
私は無数にあるツールの全てを知っているわけでも、ましてや、
その全てを使ったことがあるわけでもありません。

だから、このような情報ってメッチャ嬉しいんですよ。


情報教材でも同じです。

「○○○という教材を購入しています」とだけ書かれても、
全ての情報教材の内容を知っているわけではありません。

どのような情報が書かれていて、
どのような感想を抱いたのかを細かく伝える事。


で、こうした感想を書くことで、求めている情報を絞り込めるんです。

目的も書かずに、

「○○○について教えてください」

では、一般論でしか答えられない。

一般論の回答しか得られないから満足できずに
「もっともっと」と言ってくるが、コチラからの
質問に対する回答がないので堂々巡りに・・・・


『情報を出し惜しむ人』は、いつまで経っても
本当に必要な情報に辿り着けないんです。

『相手に伝える努力をしたくない人』は、
とびっきり腕の良い職人や芸術家を目指しましょう。

アフィリエイトには向いていませんし、
どんなビジネスにも向いていません。


マイナス面ばかりを書きましたが、
『人に伝える』、『情報を発信する』ことは、
計算できないような大きなプラス方向に働きます。


いつも『欲しがる人』を“マイナス”
いつも『与える側の人』を“プラス”としたとき

“マイナス”+“マイナス”は、“マイナス”にしかなりません。

“プラス”+“プラス”では、常に“プラス”になります。


“プラス”+“マイナス”なら??

答えは、“ゼロ”です。

どちらも情報は無限ですから、
無限大のプラスと、無限大のマイナスになります。


「えっ、でも聞いたヒトは答えが得られるんだから
 聞いたヒトはゼロにはならないでしょ」

「ツールや特典なら、それが残るし・・・」


いいえ、役に立たない情報になるだけだし
使われることのないツールや特典です。

情報を貰ったとしても、ツールを貰ったとしても、
それらを生かせないんなら、永遠に“ゼロ”のままです。


自分の感想を言えるヒトは、行動して得られた体験があります。

行動していないヒトには感想も何もありません。

行動をしないヒトが、どんなに良い情報を持っていても
絶対に稼げるようにはなりませんから。


それと、私の情報の価値は、私が決めることではなく、
情報を得たヒトが、その価値を決めるんです。

私がどんなにスバラシイ情報だと伝えても、
その情報にはスッゴイ価値があるんだと伝えても、
その価値を決めるのは、私じゃない。

その価値が判るのは、行動した後に得られるモノです。


私が発信する情報が、あなたにとって
とても価値のある情報になることを願ってやみません。



コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ