パンダ塾ピラミダル実践中(7)


『HPSオーナーの使用を続けたい方は5月1日以降は有料となります』

パンダ塾に入っていないヒトには、
ナンのことかさっぱり解りませんね。

この『HPS』というのは、無料ホームスペースのサービスのコト。

これを運営できる権利のことを『HPSオーナー』と呼んでいるんです。


で、今回は、無料ホムペが持つ可能性についてお伝えします。


パンダ塾では、HPSが5月から使えなくなるので、
年間33000円も払って、使う価値があるのか?
そういった疑問を持たれる方が多くいます。

私も迷っていました、というか、
考える時間すらあまりないので
継続利用は、現実的にはムツカシイ(^_^;


でパンダ塾では、このツールに関して
積極的に販売しようという姿勢はないんですよね。

「今後も使いたい人はどうぞ」って感じ。

だから、余計に悩む人がいるんだよねぇ


そもそも、無料ホームページスペースを
持つ事のメリットの説明がないですから。

パンダ塾の課題だけでイッパイの頭に
このメリットを理解して貰うのは、現実的じゃないですからね。


■無料ホームページスペースを運営するメリット

 ・設置したドメインが強くなる
 ・利用者のアクセスを期待できる
 ・利用者の作成したHPへのアクセス
 ・利用者のメールアドレスを取得出来る

健全に運営されていると、
黙っていても報酬が上がっていくようになります。

だから、あった方がイイんですよ。

そして、それ以外の稼ぎ方の方が
実は美味しかったりするのです。


■HPSオーナーを使うデメリット

 ・HPSの場合、継続課金となる
 ・利用者を集める必要がある
 ・健全なHPを作成して貰う必要がある

この辺のデメリットを埋めるのに、
パンダ塾で会員同士で利用しているわけです。

延長される方には、優先的に利用者が廻ってくるでしょう。


・・・・で、それで稼げるのか??

ここが皆さんがイチバン知りたいポイントだと思います。

メリットでも書きましたが、SEOを考えたときに
無料ホムペで稼ぐ以上に、ピラミッドの構成要素として重要になるんです。

ただ、利用されないと、その意味も無くなるので
メンドウでも自分でアカウントをその都度取得して
HPSでHPを作るとか・・・・


そう考えたとき、無料ホムペである必要もないんですね。

例えば、無料ブログ等のサービスを行うとかね。



で、ここまではパンダ塾ありきでのことを書きましたが、
こうした無料ホムペサービスで大成功している運営会社もあります。

その会社がターゲットにしていたヒトは、

 ・パソコンなんて持ってない
 ・パソコンはあるけど、HPなんて作れない
 ・インターネットに接続できるのは携帯だけ

紙媒体のQRコードで、無料ホムペに誘導していました。

さらに、カンタンにホームページが作れる説明用のDVDを作成して
無料で配布するなどの宣伝も行っていました。


今や、メール登録者数で800万人を超えているそうです。

コレは、極めて上手く行ったレアな例ですが、
この考え方は、とても参考になるんですよ。

対象としているターゲットがそもそも、
あまりパソコンやネットに詳しくない人達ですから、
ネットに氾濫している情報にうといんですよね。

カンタンに、無料でホームページが持てることを“エサ”に
スレていないオイシイお客様を囲い込むことが出来るワケですよ。


この方のように全国展開できなくても、地域密着型の無料ホムペを作れば、
SEOにも強くなり、宣伝もしやすく利用者も集めやすい。

地域密着型だから、ビジネス展開もアフィリエイトに限らなくなります。


無料ホムペは、アフィリエイターのためだけにあるモノじゃないんですよ。

視点を変えると、まだまだ無料ホムペで稼ぐことは可能なんです。



こうした柔軟な発想と展開は、
アフィリエイトをする目的や将来に繋がります。

この動画を見て、将来の自分のビジネスに思いを馳せてくださいね。

⇒ 【独占小資金戦略】小資金で勝つインターネットビジネス


札幌で毎月、パンダ塾ピラミダルのオフ会を行っていますが
このメンバーの参加者達は、アフィリエイトの先をイメージしてますよ。



コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ