【時間を生み出すテクニック:2】コスト管理と単純作業の効率化

ストップウォッチ


時間を上手に使う方法についての第二回目です。

『時間が足りない』と悩まれていませんか?

『なぜ、時間が足りなくなるのか』は、
ここでは問いません。

『どうすれば、効率よく作業をこなせるのか』

ここにスポットを当てて解説していきます。



例えば、せっかく稼げるツールを買っても、
パチンコ屋にいる時間が長くて、
ツールを使う暇がない人。。。

こういう人については、今回は対象外です。


こういう方からの質問も、わりとあるので、
次回以降で、説明の機会を作りますね。


それでは前回の要約です。

やることを箇条書きにする

グループ分けをする

優先順位を決める

作業計画を立てる

「どんなことをするのか」、
「何をどのくらいの頻度で行うのか」、
「それにはどのくらいの時間を要するのか」


出来るだけ細かい作業に分解して、
グループに分け、順番に並べ替えます。


極端に言えば、
それを見れば第三者でも作業が出来るくらいにする。

こうすると無駄がハッキリと見えてきます。


こうした単純化を行わず、漠然と見ていては
考えるだけ時間の無駄って事になりますよ(笑)



詳しい解説はこちらをご覧ください

⇒ 『時間を生み出すテクニック:1』


それでは 、本編の始まりでっす!


時間を生み出すテクニック

・単純作業は自分でやらない

前回行った作業の細分化、整理によって
無駄な動きなどを確認できたと思います。

絶対に外せないモノ、
時間があればやった方が良いこと。

そして、
作業計画を立てると、かなりの時間を
単純作業に費やしていることも判ります。



これって自分がやらなくても良いコトですよね?

誰かに代わって貰うか、ツールに頼る。

UWSCなどでツール化してしまえば、
大幅な時間短縮が可能になりますよね?



以下の3つは、プログラミングを知らない人でも
なんとなくツールを作れてしまうモノです。


▼UWSCを使った自動化方法(書籍)

⇒ 【Windows マクロテクニック】


▼WSHを使った自動化方法(書籍)

⇒ 【WSHプログラミングガイド】


▼Google Apps Scriptを使った自動化方法(書籍)

⇒ 【誰でもできる! GoogleApps導入ガイド】

この3つは、ネット上に多くの情報があるので、
基本を書籍で学びながら、ステップアップすると良いです。


また、自分で作れないなら同様のツールを買う。
作業を外注化するなどの方法が考えられますね。



・単純作業を自分でやる場合

外注化できない、対応するツールが無いなど
自分でやらなきゃならない場合ってあります。


まだそれだけの報酬額に至っていない方とか。

初心者や初級者などは、自分で経験を積む方が、
稼ぎ方を理解できるようになるしね。


こうした場合、単純作業をさらに細かく分解して、
工夫・改善や他の作業との関連付けを行います。


例えば、記事ネタやキーワード探しなどは、
その都度その都度じゃなくて、まとめちゃうとか。

ASPの広告案件探しもイッペンにやっちゃうとか。


細かな無駄な時間を次々排除していくと、
けっこうな時間を生み出せるモノです。



広告案件のアフィリタグなども、
まとめて取得して置いて、エクセルなどで
表にして管理するようにします。

そうすると、後で広告を貼り替える時も
案件のチェックをする時も短時間で済みます。


【無駄な時間を省く、表による管理】

これは絶対にやった方が良いです。


・情報収集にはコストがかかる

情報収集は、無駄が発生しやすくなります。

例えば、こんな情報・データを収集します。

記事ネタ探し

キーワード調査

ライバル・市場調査

広告調査・選定・提携

アフィリエイトタグ取得

このようなことには多くの時間を要します。

たぶん、時間がイチバンかかってると思います。
私も、これを始めると時間を忘れてしまいます。。

だいたいの時間を決めて、時間内にパパッとやっちゃう。

広げすぎず、深掘りしすぎないように
ある程度のところで見切りを付けます。


【時間を決めて、目的から外れないようにする】

「ついつい」とか「ついでに」とか、
目的から外れないようにしましょう。



・市場調査にはコストがかかる

前述したことと被っていますが、ここでは、
「マーケッティング」と「ターゲッティング」。

ここはしっかり時間を作らないと、
せっかく収集した情報・データを、
生かすことができないんですよ。


他のことは誰かに代わって貰えても、
ここは自分でやらないとダメなところです。



稼げるかどうかのノウハウが、
ここに集中している訳です。

だから、ここには時間を多く使いたいんです。

しかし、ここは頭の中で『考える』部分なので
せいぜい考え・アイデアのメモを取れればOK。


なので電車の中でも、待ち時間でも、
どこでも、いつでも出来ることなんです。


まぁ、集中できる環境の方がベストですけどね。

それよりも、

「いつも」紹介することを考えている。

「いつも」ターゲットを観察している。

これが重要なんです。

「いつも」これらを繰り返していると、
その為の時間をわざわざ作らなくても、
サクッとイメージが浮かぶようになります。



今回はこれにて終了です!

次回は、もっと突っ込んでいきますよー


それではまた♪




コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ