一戸建て、安く建てる


家を安く建てる為のポイント


「いつかは、自分の家が欲しい」

「一戸建ての家が欲しい」


この不況下では、家を購入する決心って、
なかなか出来ないですね。


購入するしないは別として、
モデルハウスを見に行くことはあると思う。


後日、ハウスメーカーの営業マンが来て、
簡単な見積もりを取っていく。

この時点で、購入をあきらめてしまう人も多い。



実は、私、
ハウスメーカーに勤務していたことがあるんですよ。

ハウスメーカーは、
他社に負けない独自の技術とか、デザイン力、品質の高さ、アフターサポートの充実、知名度等々

多少価格が高くても、納得させられるモノがあります。



でも、同等の家は 他社でも建つんですよね。


安く上げようと思えば、坪単価25万円でも建てられます。


それで、満足出来る作りかどうかは別になりますけどね。


どこにポイントを置くかで、価格は変わってくるはずなんですが、
実際、ハウスメーカーで契約すると、

安く抑えたつもりでいたのに、最終的には、予算ギリギリか持ち出しになっているはずです。


伊達に、優秀な営業マンを雇ってませんから(笑)


『信頼関係』を築いて、『曖昧な契約』をしてしまっているからです。


『お客様の満足度を上げる為の提案』というオプションが積み重なると、最初の契約は一体何だったのかと・・・



大抵は、

『一生に一度のことだから、満足行くモノにしたい』

この部分を突かれると、断る事なんて なかなか出来る事じゃないですよ。


最初の契約段階で、
「銀行からの融資枠」も、「現金で用意出来る貯蓄等」も聞き出している訳ですから、

完全に足下見られてるんですよ。


何度か、訪問していれば 
誰のどこを押せば、OKが取れるのかも判っちゃうしさ


それもこれも、
『曖昧な契約』をしているからなんですよ。



家を建てる時には、

『曖昧な契約はしない』



「契約する時には、事細かに決めているから大丈夫さ」


それは、
ハウスメーカーが提示した中で、
ハウスメーカーが決めた単価で、

『言いなりで決められた単価』


これじゃ、価格を抑えるのは難しい(・_・;


一戸丸ごとで、見積もり比較しないとね~~


でも、そこは抜かりないから。


単純比較出来ないように、ハウスメーカーはチカラを注いでるんですから。

そうしないと旨みが少ないでしょ?



どうすれば、正しい見積もりを取る事が出来るのか

建築設計事務所の布川さんが、その答えを示してくれました。


良い家を安く契約するための、
【家づくり発注プログラム】



コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ