2015:スマホSEOのポイント

GoogleモバイルSEO


モバイルSEOについては、すでに
コチラの記事でザッと説明しています。

⇒ 『4月21日モバイル検索アルゴリズムが変わります』


今回は、これまでのスマホSEOのポイントに加えて
これからの“SEO予測”について考えてみます。


でね、「スマホSEO」で検索すると、
参考になるサイトがイッパイあります。

他のサイトで説明されていることについて、
わざわざ、当サイトで繰り返すことも無いので
Google公式系の話はポイントだけにとどめます。


【Google発表のスマホSEOのポイント】

スマホで読みやすい文字の大きさ

タップしやすいリンクの大きさ

タップしやすいリンクの間隔

画面サイズにフィットするサイト

サクサク本文を読めるサイト


これらを実現させるために、
ビューポート設定がされているとか、
レスポンシブル対応にしたりとか・・・

スマホで見る為の配慮がされているってコトね。

その為にはどうするか ってコトは、
ググれば答えがいくつも見つかります。


それとね、『スマホサイト』には、
iPhone系が含まれるのは当然なんだけど、
タブレットは含まれないからね。

タブレットは、PCサイトと同じで
タブレット用の検索エンジンはありません。



スマホ対応する際に、サイトを
レスポンシブルにしているので、
タブレット用の設定もしておきましょう。


スマホサイト検索順位チェックツール

まずは気になるスマホサイトの検索順位を
無料でチェックしてくれるサービスがコチラ。


⇒ 『スマホ順位計測ツール:shisyamo.jp』


まぁ、あまり検索結果の順位に
一喜一憂しないのが賢明ですよ。

今回のメインとなるアルゴリズム変更を機に、
小規模なアルゴリズムの変更や試験などが、
この後度々行われることが予想されます。



これからのスマホサイトのデザイン

冒頭に書いたポイントの中に

『サクサク本文を読めるサイト』

というのを挙げましたが、
サイトを開くのにかかる時間や、デカ過ぎるヘッダー、
ウザイ広告、不要な転送などで本文まで辿り着くのに
時間がかかりすぎるのはアウトってコトを意味します。



でね、その昔、携帯サイトを作る時って
PCサイトとは別に作るのが当たり前でした。


その理由は、今のようなレスポンシブルで
対応することが出来なかったのもありますが、

1ページ当たりのデータ量の
上限があったからなんです。

今なら、画像1枚でアウトです(笑)

その当時、画像をサイトに載せる時は、
解像度を落とすなどしてデータ量を抑えました。


サイトの読込速度を向上させる

スマホのように、高速通信が出来るようになって
画像の1枚や2枚なんて気にしなくなったよね?


でも、PCサイトと同じ内容の
レスポンシブルとなると・・・

PCですら、サイトを読み込むのに
時間がかかるケースが多くなってます。


当サイトも、読込に時間がかかりますねぇ

それをスマホで読み込ませるのは・・・


ということなんですよ。

なので、スマホ用のテンプレートを用意するか、
レスポンシブルで、しっかり調整を行うこと。

本文の画像サムネイルにするとかね。

こうしたちょっとした工夫は必要になるでしょう。



フラットデザインのイイトコ取り

でね、過去にもあったのですが、
『フラットデザイン』による軽量化と、
本文の見やすさが、スマホの主流になりそうです。



【フラットデザインに求めるコンセプト】

CSSによるボタン

シンプルな構成

短く適切な誘導文

読みやすさ重視


つまり、Googleが重点を置いている、
「コンテンツの質」の向上になります。


余計な装飾を排して、リンクを判りやすく
読みやすい本文の構成と、質の高いコンテンツ。

その結果として、
ページの読み込み速度の向上と、
成約率の向上が見込めるようになります。



成約率が向上するデザイン

PCサイトでも、画像やイラストがイッパイで、
それはそれで見映えはするのですが注意が分散します。


テキストがメインのページで、
ワンポイントで画像があると、
その画像を無視できないモノです。


ただ、テキストだけで飽きさせずに
読み進めさせるのは簡単じゃないです。


それが、「読みやすい構成」 です。

見出しと短文を組み合わせることで、
読みやすさとSEOに繋がります。


これについての考え方は、セールスレター、
ランディングページ作成ノウハウが参考になります。


“いまふう”って何??

でね、私はデザイナーではないので、
本来の『フラットデザイン』とは解釈が、
微妙に違うかもしれません。


例えば“いまふう”のPCサイトなのは、
ページの背景に画像を置くモノだったり、
バカでかいヘッダー画像を置くモノです。

でもそれって、
企業のイメージ戦略のページデザインだよね?

“今風”とは思えないんだけど・・・


なので、企業のサイトとアフィリサイトを
同列に考えるのには無理があります。


さらに、『HTTPSをSEOで優遇する』と、
昨年、Googleが言ってましたよね?



個人運営のサイトと企業を見分けて
信用度の低いサイトの順位を下げる。

「HTTPS」にするには費用もかかりますが、
技術的な面で、カンタンでは無いようです。

リンク切れが発生してしまうったりします。

なので、お金を払ってやって貰うか、
改善されるのを待つってコトですねぇ


・・・ということで、これが結論。

【SEOに振り回されるな!!】


質の高いコンテンツ作りに時間を割けってこと。

そうすることで、拡散も起こるってモンです。


それではまた♪



コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ