ネット集客を高速でマスターする8つのポイント

ネット集客を高速でマスターする8つのポイント

こんにちは、
プロ・アフィリエイターのクエスト大王です。

インターネットを使ってビジネスを展開させる時、
自分で『ネット集客』を行うことが出来ると、
利益率を非常に高く保つことが出来ます。

集客の部分をPPC広告やアフィリエイトで、
自分の代わりに行って貰う方法もあります。

PPC広告であれば、1クリック数十円。

アフィリエイトなら商品が売れた時にだけ
紹介者に報酬を出すことになります。

どちらの方法にせよ、チラシなどを配るよりも
遙かに少ない費用で行うことが可能ですね。

今回は、自分で『ネット集客』を行い、
販売に繋げるまでのポイントを説明します。


集客に利用する媒体について

ネット集客と言えば『ホームページ』。
もうそんな時代じゃ無いですよね?

Facebookやtwitter、Instagram、
復活してきたミクシーなどもあります。

定番中の定番のサイトやブログ。

この他に、iOS・Androidアプリや、
Kindleなどの電子書籍もあります。

また、YouTubeなどの動画も集客効果がありますね。

動画を作ることが出来るなら、
DVDにしてAmazonで販売することで
入り口を増やすということも出来るし、
販売者の信用にも繋げることが出来ます。

媒体の種類は多くありますが、『ネット集客』と
それぞれの媒体の利用方法に違いがあることに
気づかれていないケースが多いです。

【媒体毎に集客方法は異なる】

そしてそこに共通して言える人間心理は、
『売りつけられるのはキライ』ってことです。

ちょっとでも『営業トーク』を感じさせたら、
誰も見向きもしてくれないのがネットなのです。


ネットでの集客目的は、まずはここに集中するべし!

【興味を持って貰う、知って貰う】

この段階をスッ飛ばして次に進むことはあり得ません。


まずは『興味』を持って貰う

集客を行う目的とはなんでしょうか?

商品・サービスや会社・自分を知って貰うことですよね?

例えば 『誰が』講師やケアをしてくれるのか、
提供するサービスによって『重要』なものがあります。

『価格の安さ』がアピールポイントなら、
さらに「信用」や「信頼」、「アフター」、
「送料」、「配送にかかる時間」が重要になります。

ネット利用者は「安くて」「早く商品が欲しい」など、
ただ「安ければ良い」というワケじゃないですよね?

商品価格は「安い」けど「送料は高い」とか、
「商品が届くまでに時間がかかる」のは、
マイナスになる事がとても多くなります。

そして購入を決める要素のデメリットが、
販売者の信用に繋がっていきます。

敢えてデメリットを示し、それが必然であるか、
または、逆にメリットになることを伝えます。

その為には、

【商品のアピールポイントを明確にする】

コンサルティングを行っていた感じるのが、
商品のアピールポイントがあやふやだったり、
非常に多すぎたりすることが多くあります。

どこに注目して欲しいのかを絞り込むことで、
その商品の価値が大きく変わってきます。

これが『興味』を持って貰う為の第一歩です。

コンサルティングでも、ここに時間をかけます。
これが決まれば、ターゲットもハッキリします。

ここで『ターゲットの悩み』や『不安』を整理して
もう一度、アピールポイントを見直すのです。

(ここで商品の修正を行ったりもします)

【ターゲットの悩みや不安を解消できるモノ】

これが『興味』を引くポイントですよね?


『記憶』に留めさせる

興味を引くためのアピールポイントが明確になれば
これでネット集客を行うことが可能になります。

そして残念なことに、ここで終わる方が多いのです。

例えば、アピールポイントが明確になったので、
簡単なキャッチコピーをつくってFacebookに書いた。

または、そうしたFacebookページを作った。

しかし次の一手が無いために、
ネット集客を他者に頼らざるを得ません。

知って貰い、記憶に留めて貰うこと。

これはキャッチコピーの大きな役割の一つですが、
そもそも、それを見て貰わないと話にならない・・・


人間心理には、何度も目にしたモノに対して
心の距離感が近くなることが判っています。

今まで気にも留めていなかったキャッチコピーに
気がつくか気がつかないかは露出回数に依存します。

【何度も何度も、繰り返し伝える】

商品やサービスを覚えて貰えたら、
それに対する抵抗感も低くなっています。

興味を持つ方の対象も拡大されるのです。


視点・切り口を変える

まず、商品を販売する立場からの視点を捨て、
紹介する人の視点、紹介される人の視点で、
それぞれの立場で商品を見ていきます。

ここで無視されやすいのが、
『紹介者の視点』ということになります。

ネットでの集客にレバレッジを効かせるには、
『紹介する人』の視点を上手く活かすことです。

どんな話し、情報であれば紹介したくなるのか?

【シェアしてくれる人の視点で見る】

そしてご存知の『購入者の視点』ですね。

その商品に興味を持ち、紹介されて喜ぶ人が、
何を見て、何に共感・感動するのかという部分。

紹介者にしてもそうですが、
商品をさまざまな角度から見ます。

人それぞれ感じ方も見方も違います。

【人の数だけ切り口がある】

ここまで出来れば、あと一押しです。


感情を揺さぶる

商品を覚えて貰い、興味を持って貰えたら、
訪問者の心をガッチリつかむことをします。

例えば、その商品を開発したきっかけは、
ターゲットの悩みそのものであるはずです。

【ターゲットに激しく共感する】

自分自身の悩みと、ターゲットの抱える悩みを
重ね合わせて激しく共感し起ち上がるストーリー。

自分の抱えていた悩みを告白し、
その為にどのような苦労をしたのか。

そして悩みを解消・改善するための提案を示し、
ターゲットに行動を起こすことを促します。

あなたの『誠意』が相手に伝われば、
価格競争に加わる必要はありません。


ネット集客のポイントのまとめ

当記事に辿り着くまでに、
いくつかのサイトを見て回ったと思います。

どのサイトも似たようなことが書かれていて、
単なるまとめや、難解な説明だったことでしょう。

つまり、それらのサイトは訪問者を把握、
理解することができていないのです。

書かれていることに間違いは無いのですが、
それを生かせなければ『絵に描いた餅』です。

【ネット集客の8つのポイント】

媒体毎に集客方法は異なる

興味を持って貰う、知って貰う

商品のアピールポイントを明確にする

ターゲットの悩みや不安を解消できるモノ

何度も何度も、繰り返し伝える

シェアしてくれる人の視点で見る

人の数だけ切り口がある

ターゲットに激しく共感する

ネット集客でお悩みの方は、こちらの教材がお薦めです。


現在、コンサルティングの募集は行っていませんが、
場合によってはご相談に応じることもあります。

それではまた♪

 

コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ