海外ドラマ『マインドゲーム』に学ぶ心理テクニック

マインドゲームに学ぶ心理戦


海外ドラマで、心理テクニックをネタに
ドラマ化したモノって多いんですが、
その中でもこの『マインドゲーム』は、
ビジネスに応用できるテクニックが多い。

『マインドゲーム:FOX』


で、ドラマの内容などについては
他のサイトなどの情報を参考にして頂くとして、

ここでは、その中の1つの心理トリックに
スポットを当てて考えてみよう。

  【偶然が重なる】

いくつもの偶然が重なると、
人はそれを、運命と感じる。



これ、異性に近づく為のテクニックとして
誰でもカンタンにできるので知ってる人も多いよね?

例えば、まだ面識がない相手の場合であれば
意識的に第一印象をコントロールできる。



何度か目にしているけれど、
その時は気がつかないか、
強く印象に残らない状態。

または、漠然と記憶している程度。

潜在意識の中に、何度も擦り込んでいくんです。

そうすると、潜在意識の中で関連づけが行われ
記憶が再構築されて、それが意識下に現れると
感情を伴って表層化するんです。


偶然を装った刷り込み。

大企業のCMやイベントなどで行う
イメージ戦略などが身近な例ですね。


他にも、楽天やアマゾンで検索したことのある商品。

これがクッキーに残っていて、
サイトなどに貼られた広告に、
検索した関連商品が表示されたり・・・


当サイトのように、
テキストベースで読ませる記事なら
同じキーワードやフレーズを繰り返す。


たったこれだけでも、
潜在意識の中に残ります。

または、ヘッダー画像やアイキャッチ画像などの
画像によって、イメージとして植え付ける。

こうして潜在下にある記憶を強くしていく。


それを、時間を置いて繰り返すことで
まずます強く、記憶に残っていきます。


例えば、私のプロフ画像。

他の方のマンガ絵と違って、
石のように固いイメージに(笑)

初期の頃は、文体までも固かったですが、
今は、ギャップを狙って柔らかくしています。
(嘘です、後付けの理由です)


一貫して同じメッセージを伝えることが出来れば、
訪問者にとってのオーソリティーサイトになります。

ここまで行けば、商品を紹介した時の成約率がアップします。



これは、キーワードやフレーズに限らず
ジャンルやカテゴリを揃えるだけでも効果があります。

いくつものサイトを運営していても、
同じジャンルで、同じ名前やプロフをわざと使う。

検索結果から、訪問するサイトを選ぶ際
こうした展開を考えているかどうかで、
アクセス数も変わってきます。


私のイメージは、石像のプロフ画像のように
かなり固い印象を持たれていると思います。

対照的に、捕らえ所がなくて
それでいて、人としての魅力に
メチャクチャ溢れている人がいます。



それが、この本の著者↓↓↓




久しぶりの出版になるそうです。


でね、この方、
情報商材業界の超が付く大物なんです。

だけど、飛行機が苦手で、
いつも和やかにしていて、
人の話を真剣に聞く事ができる人。

菅さんにお会いしたことのある方なら、
誰もが「菅さんの為なら」って
行動を起こしてしまいます。

そういう人徳を持った方なんです。



今回、この本を紹介するのだって
菅さんのことを知って貰いたいから。

・・・と、もう一つあるんです!


この本を購入すると、
限定コミュニティに招待されます。


そこで、様々な特典の配布が行われるのですが・・・

それよりも、このコミュニティーに参加できることが
イチバンの特典になるはずなんですよ。


というか、菅さんはそこを狙っているんでしょ。

コミュニティーの中での新たな出会いと、
新たなビジネスが生まれ育っていく環境。


そういえば、以前そんなことを話していました。


でね、この人の頭の中はどうなっているんだろう!!
っていうくらい、いろんなアイデアが湧いて出てきます。

元は、考えていても行動に移せない
典型的なダメなタイプだったそうです。


あ、今でもバリバリ働くような人じゃないかも(笑)

  【楽をしたいから、楽ができるようにする】

それを実現しちゃってる人ですね。

それが、この本の中に書かれています。


是非、この本を購入して、
限定コミュニティーに参加しましょう!



菅智晃の「久しぶりに本が出たねキャンペーン」
☆キャンペーンは、今日と明日の2日間だけとなります☆



それではまた♪



コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ