コンテンツSEO:良質なコンテンツとは?

セミナー


こんにちは
プロアフィリエイターのクエスト大王です。


ちまたでは、『コンテンツSEO』なんて言葉が
すっかり定着したようですが・・・

そもそも『コンテンツSEO』ってナニ??


まぁ、8年来の読者なら
今さら説明するまでもありませんが
ほとんどの読者にはわかりませんね(^_^;


また、その当時と今とでは環境が
だいぶ変わってきましたからね。


まずは基本となるコンテンツの種類から。

【コンテンツの種類】

テキスト、記事

画像・動画、YouTube

音声、ポッドキャスト

主にこの3つが挙げられます。

そして、Googleのアナウンスで


【良質なコンテンツがSEOに効果的】

ということが一般的に知られるようになりました。

これは被リンク全盛時代の6年前ですら
効果が既に実証されていた事実なんです。

しかし、その頃と今とでは、
状況に違いがありますよね?


そう、動画データを持つ必要が無くなり
YouTubeのコードを埋め込むだけで済むほか、
YouTubeがあるだけでSEO効果を期待できます。

携帯電話からスマホやタブレットへの移行、
画像主体のInstagramが使われるようになったり・・・

そうそう、Facebookやtwitter、LINEも
今じゃ当たり前に使われるものですよね。


こうした変化の引き金になっているのは、
パーソナルで持ち運びに便利な端末と、
高速な通信環境が整ったことです。


でね、その頃から既にGoogleは

【良質なコンテンツがSEOに重要】

ってことを言っていたんです。

ただその当時は、『良質なコンテンツ』を
判断する方法がとても幼かったんですね。

だから『被リンク数』で上位表示できたんです。


さらに他にも違いがあるんですが、その前に、

ネット上の古い情報をリライトして
“今”起こっているように書かれたりする
そういったサイトがとても多くあります。

商売のための誤解を生むSEO情報とかね。


自分で検証を積み重ねないと、
その実態、真偽って判りません。

逆にこうした検証を繰り返していると、
いろんな方面から情報も集まります。


“プロアフィリエイター”は、
そういう検証にもコストをかけてますから、
皆さん、独自の情報を持っているんです。


でも、プロアフィリエイターは、
このような情報発信は行いません。

(お金になりませんからね)

なので、怪しい情報が多くなります。


さて、前置きはこのくらいにして、
本題に入っていきますよ!


コンテンツSEOってナニ?

SEOには、『外部SEO』と『内部SEO』があります。

外部SEO=被リンク

内部SEO=サイト構造、コンテンツ

コンテンツSEOとは、内部SEOの一つで、
古くは『キーワード含有率』がメインでした。

そして、これは通用しなくなるのですが、
今はまた状況が変わってきています。



コンテンツSEO手法

コンテンツSEOの手法としては、
記事内から内部リンクを張るような
内部SEOに関することも含まれます。


その他、記事の更新頻度を高めることで、
Googleに『最新情報を発信するサイト』
であると認識して貰うこと。


またこれによって、コンテンツ数が多くなり
ロングテールでの集客が可能になります。

また、先の記事内の内部リンクにより、
より充実したサイトと評価されます。

コンテンツ自体で言えば、
記事の文字数を多くすることと、
キーワード含有率を高めること。


文字数が多くなると、キーワード含有率を
高くしにくくなるのですが、そこら辺にも
何かアルゴリズムがあるのかもしれません。

文字数が多く、キーワード含有率が高い記事は
検索結果の上位に表示されやすいんです。


そのほか、サイトと記事の関連性ですね。


良質なコンテンツってナニ?

さて、当初の問題に戻ります。

『良質なコンテンツとはなんぞや』って話です。


昨年辺りから、記事コンテンツには
Youtube動画を含めたものが『良いコンテンツ』

それと『オーソライゼーション』。

ようするに、完全オリジナルな記事ってコトね。


そして、検索ユーザーが求めている情報で、
その最新情報が提供されているコンテンツ。


もう一つが、SNSでシェアされているコンテンツ。

それではどんな記事が『良質なコンテンツ』になるのか
という具体的な話ですが、今回は書き切れないので
次回、ここにスポットを当てて説明したいと思います。



SEOに効果的なコンテンツとは?

前述したものを整理すると・・・


良質なコンテンツ、5つの条件

Youtube動画が含まれている

完全オリジナルな記事

SNSで共有されている

検索される情報がある

最新の情報がある


コンテンツSEO、6つのポイント

記事内から内部リンクを張る

記事の更新頻度を高める

記事の文字数を高めにする

記事コンテンツ数を多くする

キーワード含有率を高める

サイトと記事の関連性を高める


実際のコンテンツSEOの効果は?

実際問題、コンテンツSEOだけで、
どのような効果を期待できると思いますか?


以前は、内部SEOを含めたコンテンツSEOで、
被リンク無しでも、大手サイトや企業を抑えて、
検索結果のトップ表示が可能でした。

それもかなり検索数の多いキーワードでね。


でも現在は、以前ほどの効果は感じられません。
何もしないよりはずっと効果はあるけどね。


メインのキーワードよりも、
ロングテールでのアクセス数が増えます。

これは、今までと比べて倍増しますね。



それと誤解されている方が多いのですが
被リンクは効果が無いと思われてますが、
まったくそんなことはありません。


評価が今までより低くなったのと、
評価の仕方が変わっただけです。


例えば、皆がよく利用するSNSで、
より多くシェアされるサイトは、
一般的に評価が高いと考えます。

検索者の多くがそのように感じているのに、
Googleがそれを無視する意味がありません。

それが検索者が求める情報だからね。




数年前と今と、環境に違いはあっても、
本質的なSEOの考え方は変わっていません。

本質的なSEOを学べば、
怪しい情報に振り回されることはなくなります。


まずは、これで勉強するのがベストです。

【本質のビジネスSEO術】詳細ページ



Googleの言うことを鵜呑みにしちゃダメですよ。

大きな声でアナウンスすることは理想で、
“脅し・ハッタリ”のコトが多いですよ。

Googleの自作自演のペナルティー事件とか、
コピーコンテンツのこととか・・・



それではまた♪



コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ