【アフィリエイトの極意:41】悩みに気づかせる

アフィリエイトの極意

こんにちは
プロ・アフィリエイターのクエスト大王です。

今回は、前回の補足的な内容になります。


前回は、潜在的な顧客にアプローチする方法
について動機付けなどを交えて解説しました。

まず、最初のターゲットとなる『潜在的顧客』の
『悩みの深さレベル』で分けて考えました。


【悩みの深さ5段階】

 1.悩みに気付いていない
 2.悩みを気にしていない
 3.悩みが気になっている
 4.悩みの情報を集めている
 5.悩みを直ぐに解決したい


もちろん、これは有効なのですが
本人がまったく気づいていないだけで、
本当はレベル4~5の人が多くいます。


「いやいや、そんなに困っているのにそれは無いよ」

そうですよねーー
「そんなわきゃない」って思いますよ。



でもね、あなた自身、自分の中で無意識に作った
心の『壁』や思考の『壁』があるの知ってますか?

感じること、考えることを
意識する前に消去していること。


本当は多くの選択肢が存在するのに、
「選択肢が無い」って思ったことあるよね?



見方を変えて調べてみれば、
実現可能な選択肢が有る事って、
往々にしてあることなんですよ。


・・・ちょっと抽象的すぎて分からないですね(^_^;


例えば、慢性的な 病気がイメージしやすいかな。

腰が痛いとか、高血圧だとかって、
痛みに慣れちゃったり、苦しいのに慣れたりします。

我慢できない時に、何か行動を起こすんだけど、
せいぜい薬を飲むだけで終わっちゃいます。

その時は何もしたくないですから、
病院に行くのもツライわけですよ。


ホントは、なんとかしたいって思ってるんだけど
普段は忘れてしまっている状態なんですね。

薬が効いている間はかなり楽だから、
それで「しかたないよ」って諦めてるんです。


【苦痛に慣れてしまっている】

薬があっても、何事も無かったかのように
完全に痛みが消えるわけでも無いし、
病気が治ったわけでも無いんです。


「どうしようもないから、気にしないようにしている」


これと同じように、夢を諦めちゃったり、
ホントは欲しいと思っていたモノを、
見ないようにしちゃっていたり・・・

これは欲求レベル1~2の人とは、
潜在的な欲求の深さは別次元になります。



例えばさ、
『フェラーリが欲しい』と思っている人が
いたとするよね、でもその人は、

「高くて買えない」、「保管場所が無い」から
非現実的な『妄想』だと諦める言い訳をします。

現実化できないことだと自分で決めつけてるんですね。


ほとんどの人が、こうして諦めるんです。


でもね、フェラーリを所有できなくても、
自分で乗り回すことが出来たら、
かなりの満足感が得られるよ。


レンタカーやリース契約など、
欲求をある程度満足させられる
別の方法ってあるモノなんです。


【実現可能な方法を提案する】


病気の治療薬だって、国内で認可されていない薬でも
海外では使われていて実績のあるモノもあります。


その為の方法や、対応可能な病院など
どうすれば『実現できるか』を、
示してやることで行動を起こします。



例えば、彼氏・彼女は欲しいけど、
積極的に行動できない人もタクサンいるよね?

出来ない理由があるし、行動しない理由もあります。


『もしも彼氏・彼女がいたら・・・・』

これを具体的にイメージさせて、
自分の欲求に気づかせて上げるんです。


【欲求が満たされた状態をイメージさせる】

まだまだありますよ。

会社での人間関係や仕事のトラブルとかね。

自分の業績を上司や先輩に横取りされた人って、
なんと3割もいるって話を聞いたことがあります。

仕事上の人間関係・トラブルって真剣な悩みです。


だけど「しょうがない」って諦めて、
現状のままでいる人は多いよね?



しかしちょっと自分の意識を変えることで、
自分のことを憎んでいるとしか思えない上司を
自分の強力な味方、援助者に変えられます。


『人望』は、ちょっとした行動の違いで得られます。

誰にでも実現可能なカンタンな方法があったら
「俺に教えてくれ!」って思いますよね??



実現させるには大きな代償を伴ったり、
多くの時間が必要だったり、現状では、
不可能と思えるようなことだったり・・・


そのようなことでも、
100%欲求を満足させられなくても、
十分な満足感、達成感を得られる方法は、
探せばわりとあるモノなんですよ。



このように、欲求レベルが深い人でも、
『自分の悩みに気がついていない』、
『自分の悩みを見ないようにしている』
『自分の悩みを忘れている』わけなんです。


しかし、大部分の欲求を満たせると分かれば、
非常に強い関心を示し行動を起こします。



ここまで説明してきた眠れる『上客』は、
ほとんど手が付けられていません。

なぜなら、それらの悩みのキーワードでは
自分から検索することが無いからなのです。


自分から調べないので、
そのような情報があっても気づかないんです。

それではどうすればそのような『上客』に
アプローチすることができるのでしょうか?


いくつか絞り込む方法はありますが、
しっかりとしたマーケッティングと、
メンタリスト級のターゲッティング、
などの情報とノウハウが必要です。


なので、手っ取り早くやるなら
ニュース系記事でアクセスを集めること。


芸能・経済・事故・地域などの
話題になるニュースをネタに、
アクセスを集める方法ですね。


こちらの記事作成補助ツールが適しています。

【インフォーマーY】レビュー記事


ちょっとした空き時間に、このツールでネタを収集。

チョコチョコッと感想を書いて、
広告をボタン一発で挿入、記事投稿。

私の場合、わずか5分以内で終わる作業です。


タイピングが遅くても、元ネタの要約もしてくれるし、
楽天やアマゾンの商品抽出・アフィリも出来ます。

こうしたツールがあるかないかで、
作業するかしないかも左右されます。


当然ですが、アフィリエイト記事を書かなきゃ、
絶対にアフィリエイトで報酬は得られません。



でね、このツールを使って、
『書くことに慣れる』のも大事です。

タイピングが遅い人は、その分、
アフィリエイトで稼ぎにくいですからね。


他の人の半分も作業できないわけですから。。。。


それではまた♪



コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ