【脱初心者・13】感情を言葉で表す

脱初心者支援サイト


こんにちは
クエスト大王です。

昨夜の皆既月食、感動的でしたね(☆。☆) キラキラ


前回は、「良いアウトプット」と「悪いアウトプット」
について、かなりきつめに説明しましたね。

ネット上での情報発信の主体は「テキスト」になります。

音声や動画での情報発信も増えてはいますが、
それを知って貰う為に、文章で説明する必要があります。



前回の記事をきつい言葉で書いたのは、
文章にメリハリを持たせる為でした。

文字だけでは感情を伝えにくいですし、
強調したい・覚えて欲しい部分を表現するには
文字色を変えたりなど文字の装飾をするよりも、

印象に残る、きつい言葉を選ぶ必要がありました。



文章で、相手に意思を伝えるとき、
こちらが意図しているイメージを正確に伝えたいんです。


でもそれには、文章力が必要ですよね??

「私は作家じゃないから、そんな文章かけないよぉ(・_・;」


果たしてそうでしょうか?

例えば、最近の若い人の文章力は
著しく低下していると言われています。

だからといって、話が伝わらないですかね?



確かに、文章の組み立てや読解力は
他の世代より落ちるかもしれません。

でも、LINEのスタンプや顔文字で、
感情を上手く表現していますよね?



ビジネス上のメールでは、
顔文字などは控えるべきです。

でも、相手にお礼の気持ちを伝えたい時

「ありがとうございました」

「ありがとうございましたm(_ _)m」

「ありがとうございました(^o^)」

文章だけで伝えるより簡単で効果的ですね?



しかし本来ならば、

「○○○をして頂き、とても感動しております」

のように理由を伝えつつお礼を述べるモノです。

具体的に、何に感動・感謝しているのかを伝えるのが
「良いアウトプット」(フィードバック)ですね。



なので正しくは、フィードバックを行った後に

「ありがとうございましたm(_ _)m」
「ありがとうございました(^o^)」

等のように用いると、失礼にはなりません。

これだけだと、せっかくの感謝の気持ちも
受け手によっては失礼に感じてしまいますよ。

まぁ、女性の場合は許されますが(^_^;


これが一般の文章で有れば、
もっとくだけた表現で伝えることが出来ますよね?

【どんな風に感動したのか】

これをイメージさせるようにします。


例えば、

「暗く長いトンネルと抜けて、青く澄み切った空を見た時のようにスッキリできました!」

「梅干しを見た時のようにヨダレがあふれてきたよ(*^_^*)」

それと、私が良く使っているのが『例えば』ですよね?

ヘタクソでも良いので、いくつもの例えを示すことで
イメージが伝わりやすくなります。



初心者は、このイメージや感情を伝えるのがとてもヘタなんです。

文章が長くなっても良いので
伝わる文章を書くように心がけましょう。



例えば、冒頭にこんな事を書きました。

「昨夜の皆既月食、感動的でしたね(☆。☆) キラキラ」

この一行が有るのと無いのとでは、
その次に続く文章の印象が変わります。

この一行で書き手が、どんな気持ちで書いているのか
何となくでも伝わるからなんですね。



「昨夜の皆既月食は、
 同僚のミスで見ること出来なかった\(*`∧´)/ 」

これだと、なんだか読む気にならないでしょ??


そう、伝えちゃダメな感情もあるんですよね。
このようなマイナスな感情はダメなんです。。


でも、初心者にありがちなのが、
このマイナスの感情しか伝えられないって事。


出来ない言い訳と、責任逃れ・自己正当化と、
責任転嫁だけで、肝心の情報が無いパターン。

それは単なる愚痴でしかないので、
人に読ませるモノじゃないよね??


誰だって「楽しい」とか「感動した」話を聞きたいよね~


これね、

自己暗示にもなるんです。


楽しいとか感動した話を書いていると、
そういう気分になってきちゃうんだよね!


相手にも喜ばれて、
自分も良い気持ちになれるんだよ♪




コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ