携帯ドロップシッピングで稼ぐ仕組み構築プログラム


札幌は、この10日間ず~~っと雪が降って凄いんですよ。
全国的にも、大変なようですね~~

先日は、朝起きたら車の前に60cmくらい積もってましたよ。

で、「この降り積もった雪が、札束だったらなぁ」なんて思ったりします(笑)


雪の話題繋がりで・・・

『雪だるま式に増える』などと言うことがありますよね?

実際、インターネットビジネスをしていると
そういう体験をすることがあります。

雪だるま式に増える成果に限らず、
知識や経験、スキルといったモノもそうです。


最初は、ブログを投稿することさえやっとだった人が、
HTMLでPCサイトを作ったり、携帯サイトまで作れるように・・・

でも、同じようにサイトを作れても、
稼げる人と稼げない人が出てきます。


稼げる人と稼げない人の違いって、
知識の差ではないんですよね。

『考えながら、経験を重ねる』

ほんのちょっと意識を変えて、
見る角度を変えてみる・・・・


以前、『これからは携帯でドロップシッピングだ!!』
という事を、何度か書いてきました。

その時は、『簡単!ドロップくん』を紹介しました。

その名の通り、簡単にドロップシッピングサイトを
作成出来るツールで、携帯&PCサイトが作れます。

でも、ここで提供されるのはツールだけです。

ノウハウを持っている人は、ポイントを押さえて
ツールを活用できるのですが、そうでない人は、
ピントのズレたサイトを量産することになるのです。


ノウハウを知っているかどうかで、
ツールを生かせるかどうかが決まる。

その為に、
『考えながら、経験を重ねる』

それには多くのデータが必要で、しかも、
ツールを使わずにサイトを作り、
検証を重ねる必要があるのです。


でも、今から始めて果たして間に合うのか・・・
多分、すべての時間を注ぎ込む覚悟でやれば
あきらめなければ、たぶん大丈夫だと思います(^_^;

でも、ここでも同じようにポイントがずれていたら、
せっかく費やした時間が無駄になるかも知れません。

だとすれば、
その時間分のコストの数百分の一を投資することで、
体系だったノウハウを入手することが出来ます。

ちょっとこの動画を見て下さい。




サイトが作れなくても、大丈夫です。

ドロップシッピングのことさえ知らなくても、
マニュアル以外に費用を掛けなくても、
携帯の使い方をよく知らなくても、
このマニュアルを読めば解決します。


No1ドロップシッパーの
【携帯ドロップシッピングで
稼ぐ仕組み構築プログラム】

(対象者:初心者~中級者)



ちょっとだけ、教材の内容を見ていきましょう。


【第一章 商品選びと販売戦略】

 商品の選び方一つで、成果がまるで違ってきます。
 売れる商品、売れやすい商品、手間のかからない商品。
 
 その見分け方と、どのように販売していくか。
 
 この最初の段階で、多くの人が躓きます。
 だからこそ、最初にこの事を説明するのでしょうね。
 

【第二章 売れる!携帯ショップの作り方】

 実際に、どのようなレイアウトにしたらイイのか?
 その手順とは・・・
 
 そもそも、どこにポイントを置けばイイのか。
 スマートフォン対策は?


【第三章 携帯ドロップシッピング式SEO対策】

 作った携帯サイトに集客する方法です。
 この章では、『検索』から来る人を増やす為に
 どうしたらよいかの説明があります。


【第四章 携帯PPCと、ツイッター活用術】

 もう一つの集客方法。

 携帯PPCは、反応が良いけど
 そこには、やはりノウハウが必要。
 
 『勉強代』は、この教材で十分ですよ。


【第五章 複数の収入源を生み出す方法】

 ドロップシッピングだけじゃなく、複合的に
 サイトを運用して収入を増やしていく方法。



3ヶ月後に、副収入ゼロでいるか、
それとも、教材を実践し、コツを掴んで
毎月副収入が増えていく自分でいたいのか・・・

テレビや書籍で有名な、
№1ドロップシッパーの富田氏の教材で学び
『雪だるま式』に収入が上がる体験をするチャンスです。


No1ドロップシッパーの
【携帯ドロップシッピングで
稼ぐ仕組み構築プログラム】

(対象者:初心者~中級者)




■編集後記

私のイチオシ教材一覧には、富田氏の
『もしもドロップシッピングで稼ぐ仕組みの作り方』
を載せていましたが、既に販売を終了してました。

今は、最新版の
『最新!ドロップシッピングで毎月100万円以上稼ぐ仕組みの作り方』
が販売されているようです。


コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ