【序章】SEOについて


SEOとは・・・・・
サーチ・エンジン・オプチマイゼ-ション=検索エンジン最適化

つまり、ある特定のキーワードの検索結果を
上位表示させるためのテクニック。


このSEOのキーワードで検索する人は、
SEOの事を良く知らない人だと言えます。

なぜなら、自分で検証していない人だからです。


自分で検証を行っている人達は、
自分だけのデータを持っていて、
テクニックや基盤を持っています。

だから、
誰かから聞くと言う事って滅多にありません。


この話しって、スッゴク重要なんですよ。

このネット上に溢れるSEOネタの記事は、
いつ書かれたことかも良く判りませんし、
どういった条件で行われた結果得られた結論なのかも判りません。

信憑性に乏しい・・・・


ましてや、SEO会社や情報教材の販売目的の記事であれば尚更ですよね?

ペンギンやパンダなどのキーワードに踊らされています。


「Googleのヘルプに書かれている」

それすらも、実は信用出来ないんです。



Googleなどの検索エンジンは、
検索する人が求めている情報を上位に表示させたいのです。

そうしないと、利用者が去っていってしまいます。

Googleは、利用者を多く獲得することで
それをビジネスに繋げているわけですから、
利用者が減っては困るんですよ。


だから、あまり好ましくないサイトを
SEOだけで上位表示されては困るのです。

その為、中途半端な知識を持った方に
「そんな事をしてもムダだよ」とメッセージを送っています。


SEO業者を混乱させるような情報だって流します。

だって、SEOなんてして欲しくないんですから。


だから、すべてのテクニックが使えないわけじゃないし
最近変更されたアルゴリズムが、すべてのサイトに対して
同時に適用されているわけでもない。


ただ、方向性としては


>>価値のある情報サイトを上位に表示させたい

>>専門性の高いサイトは上位に表示させたい

>>信頼性の高いサイトだけを表示させたい

>>多くの人が評価するようなサイトを上位に表示させたい

>>社会的権威のある人が薦めるサイトは上位に表示させたい

>>話題のネタについての最新情報は上位に表示させたい

>>求める情報にアクセスしやすいサイトを上位に表示させたい


こうした要件を満たすサイトは、
様々なアルゴリズムで上位に来るように
今後も改善を行っていくのは確かなことです。


そう見せかけることが、SEOのテクニックになるワケです。

また、こうしたことを逆手にとって
上位表示させていく方法もあります。

それが、イチバンお互いのためになるんですが。



さて、ここまで本質に迫れば、
SEOの作業が必要あるかどうかです。

Googleが望むようなマジメなサイト運営を心がけるのであれば
SEOの事など、ほとんど意識する必要もないし、
それに時間をかける必要って無いことになります。

Googleが示す、注意するポイントを抑えておけば
それで、上位に表示されていくはずですからね。



こうしたSEOに時間をかけないアフィリエイトの教材が

⇒ 【パワーアフィリエイト】



コメントを残す

サブコンテンツ

タイムセールでお得に(^o^)

オススメ 教材&ツール

すべてのカテゴリー

その他



ページビューランキング

  • seo

このページの先頭へ